正義のセはHERO女性版?第1話の感想ネタバレとイライラは三浦翔平との温度差

阿川佐和子さんの小説「正義のセ」のドラマが開始されました。第1話では、横浜地検に配属されたまだ2年目の検事の竹内凛々子(吉高由里子)が正義を貫くために奮闘する姿が描かれました。

検事の立場でどうやって事件を解決するのか疑問でしたが、小姑の事務官、相原勉(安田顕)と共に証拠固めから初めてほぼ刑事のような働きぶりでした。

検事ものということでHEROとリンクされる方も多かったようですが、内容としてはもっとライトな感じです。

正義のセの第1話の感想とネタバレ、そして優秀な先輩検事の三浦翔平さんとの関係などご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ第1話の感想

全体的には、正義を貫く新米女検事が事件を解決していくお話しはとても面白かったと思います。特に、事務官としてずっとそばにいる相原勉(安田顕)の演技が上手かったなというのが第一印象。

まだ、新米だからか割と、凛々子(吉高由里子)はお飾りっぽく見えてしまったんですよね。

事件にかかわる被害者に浅利陽介さん、そして、加害者に石黒賢さんという演技派が脇を固めていたので、事件の内容もスッと頭に入ってきました。

ストーリー自体はすごくライトなので、事件ものにありがちな、ここ見逃したらわからない・・・みたいなものではありませんでした。

むしろ、もう少し深い方が良かったかな~くらいの良いバランスでした。

ただ、ひとつだけ注文を付けるとすると、最後に事件の真相を加害者に突き詰める時の吉高さんのセリフが、微妙に舌足らずで前のめりで観ていたところ急ブレーキがかかるんですよ・・・。

この部分はおそらくドラマのキモになるところだからここだけはスイスイと語って欲しい。

それから、話がもつれてきて初めて、本格的に調書を読み込む(もちろん最初から読んでいたのでしょうが・・・)シーンがあったんですが、最初からちゃんと読めばいいのに・・・とふと思いました(笑)

ただ、刑事ドラマやサスペンスでは、怖いイメージの検事というお仕事を吉高さんという親しみやすい女優さんが演じているのも新鮮でした。

凛々子の先輩検事、大塚仁志(三浦翔平)は、相関図の写真が険しい顔なので凛々子の敵になるのかと思っていたら、意外にも協力的だったのが印象的。

 

[clink url=”https://doramemo.com/seiginose-cast”]

 

まだ、経験の浅い凛々子が足で証拠固めする中、大塚は検事らしく職場で決定的な証拠固めをしてアシストするんです。その姿は「ザ・検事」凛々子のやり方を否定するつもりはありませんが、やっぱりもう少し冷静に動いた方が良いんじゃないかな・・・なんて思います。

あと、今回、横浜地検港南支部の所長が大杉漣さんが亡くなられたことで、急きょ寺脇康文さんが演じられました。

所長として、新米の凛々子に言い聞かせる場面もあったのですが、寺脇さんもとても良かったのですが、大杉さんが演じるはずだったと聞くとセリフまわしとか包容力とか大杉さんを設定してあったのかな・・・なんて思いました。

 

スポンサーリンク

 

正義のセ第1話ネタバレ

竹内凛々子は新米検事。大阪で1年間研修を終え、横浜地検港南支部にやってきた。

凛々子には、相原勉というベテラン事務官が付くことになり、早速仕事を始めます。凛々子はまず、警察から上がってきた調書をもとに事件の関係者たちと面会業務を始めました。

次々と来る面会者たちの話を聞く凛々子でしたが、相手の罪状と話しを聞くと涙しそうになったり、怒ったりと喜怒哀楽が激しい。隣にいる相原がなんとか進めさせるも、終わってからお小言を言われる始末。

そして、ある傷害事件の調書に基づき、加害者とされる男がやってきました。

事件:恩田の部下の向井は、居酒屋で恩田にグラスを投げつけられケガをし、病院に行くために居酒屋を出たが、追ってきた恩田に歩道橋から落とされ大けがを負った
加害者:恩田徹(石黒賢)
被害者:向井俊哉(浅利陽介)
関係者:田中啓介(六角慎司)

しかし、その調書には恩田はやっていないと証言し、向井は居酒屋を出た時、恩田は心配になって外にでて向井を追ったが見つからなかったので田中と帰ったと証言してありました。

同席していた田中も恩田の話に間違いないと証言が付け加えられています。

凛々子は被害者の入院している病院に行くと、数か月前に、恩田が建築資材をこれまで発注していた会社からシモジマ工業に変えてしまったことで向井が恩田に進言したところから、激しいパワハラが行われるようになったと言いました。

もちろん恩田は知らないと言い張り、さらに田中にも凛々子が会社まで聞きにいきましたが、恩田の影におびえてなにも応えませんでした。

凛々子は、もう一度調書を見ながら証拠を探し始めます。

現場の居酒屋に行ってもなにもでず、どうしようかと悩んでいたところふと周りをみると、タクシーが止まっていました。そこでタクシーのドライブレコーダーを確認することに・・・。

いろんなタクシー会社をあたったところ、一件だけ後部カメラで居酒屋をとらえていたものを見つけます。

証拠をとり、支部に戻ると大塚が決定的な証拠の書類をつかんでいました。

恩田とシモジマ工業の密談の証拠。恩田の妻名義の口座にシモジマ工業から1000万円と、さらに田中の妻の口座にも300万円振り込まれていた口座記録。

この証拠を元に、凛々子は再度恩田を呼び出し起訴することに成功しました。

 

[clink url=”https://doramemo.com/seiginose-cast”]

 

まとめ

刑事のように足で証拠固めする凛々子と、頭を使い機転を利かせた証拠固めをする大塚。ふたりのやり方に違いはありますが、正義感は同じようにあるのがわかりホッとしました。

最初、大塚はなにかとジャマをしそうな登場の仕方だったので、気になっていましたが、口は悪いけども凛々子の協力をサラッとしてのけたことでグッと好感度もあがったのではないでしょうか?

キムタクが演じたHEROの久利生公平検事も、デスクワークだけに頼らず自ら現場をまわる現場主義者でした。

ですので、この竹内凛々子のやり方も久利生に近い検事像なので、HERO女性版と言われるのもわかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です