正義のセのモデルはいるの?第2話の感想とネタバレ!

新米検事が成長していく過程を描いたドラマ「正義のセ」。第2話では、凛々子(吉高由里子)が初めて殺人事件を取り扱うことになりました。元々、被疑者に感情を出しがちな凛々子を、相原(安田顕)が合いの手を入れて修正する。

しかし、凛々子の行動力があってこそ、事件の真相が見えてくる。

私たちがイメージする検事という方々とはちょっと違う主人公ですが、この主人公にはモデルはいるのでしょうか?

正義のセの第2話の感想とネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/seiginose-hero”]

 

正義のセ第2話の感想とネタバレ

今回竹内凛々子に舞い込んだのは、殺人事件。

それでなくても、感情をむき出しにする凛々子に勤まるのかと思いましたが、なんとか真相を引き出しました。町田かれん(戝前直美)の演技が上手だったイメージが強かった第2話でした。

このお話しを見ていると、主役の竹村凛々子は影が薄くて、脇がかなり強めなのがわかります。

小姑のようにそばにいる相原勉(安田顕)がいないと成立しないドラマだな~と思います。良くも悪くも、吉高由里子ちゃんの演技が悪くはないけど普通なんですよね。

今回の事件は、夫からDVを受けていてずっと我慢していた町田かれんが、起こした不幸な事件。

家庭の不和と、父の暴力や母の後ろ向きな性格に嫌気がさして出ていった一人娘に感化されやっと自立をしようとした矢先に、夫に見つかりまた暴力・・・。

かれんは突発的に犯行に及んだんですが、夫が蘇ってきて怖くなってまた殴る・・・。

つまり、息の根を止めないと自分がやられると思った恐怖心が原因。

殺人として訴状を作るんですが、なんだか無念な感じもしないのが不思議でした。

そして、今回大杉漣さんの代役となった、支部長の寺脇康文さん。

この方も、演技が悪いという訳ではないのですが、上司というイメージじゃないんだなぁ・・・。吉高ちゃんが薄口なのでもう少しクセのある人でも良かったのかもしれませんね・・・。それこそ、松重豊さんとか吉田鋼太郎さんとか、遠藤憲一さんとかでもよかったかもと思います。

ま・・・、松重さんは前回クールアンナチュラルでは上司役でしたし、吉田さんは今回、深夜ドラマでヒロインですしね・・・

 

[clink url=”https://doramemo.com/ossanzurabu-cast”]

 

今回、妻の犯行で珍しく相原が感情をだしたのですが、理由は相原も実はバツ1だったという事実も発覚しました。

 

スポンサーリンク

 

正義のセにはモデルがいるの?

正義のセは女性検事が主人公です。竹内凛々子にはモデルがいるのでしょうか?

かつて、原作者の阿川佐和子さんにフライデーが取材をしていてそのことに触れています。

50歳から始めたゴルフのコンペで一緒に回ることになった一人が女性検事だったんです。彼女はとても美人でファッショナブル。しかも、明るくて人なつっこくて、お酒にもめっぽう強いんですよ。私より15歳も下なんだけど、面白い人がいるものだと感心してすっかり意気投合しましてね。以来、食事をしたり、ゴルフに行くようになったんです。そんなときに、「なんで検事になったの?」「検事ってどんなことをするの?」って話を聞いていたら、彼女、すっごく賢いのに、ちょっと抜けているところがあって、新人時代の失敗話やドジ話が次々と出てくるんです。それがあまりにおかしいものだから彼女をモデルにした小説を書いてみようと。

出典:フライデー

凛々子のモデルとなった女性検事について
・ゴルフコンペで出会った
・美人でファッショナブル
・お酒が強くてひとなつっこい
・阿川さんより15歳下
・少し抜けていて新人のことのドジな話をしてくれた

阿川さんが、その女性検事に会った時にはすでにベテラン検事として活躍されていたので、「新人」と設定してみて、正義感は強いが情にもろいという部分が付け加えられたそうです。

この原作を書きあげる時には、実際の新人検事さんにも取材をし、背景となる実家の豆腐屋に関しては、検事からかけ離れた職業にしようと考えたからなんだとか・・・。

実際にお豆腐やさんにも取材に行かれたみたいです。

正義のセ第2話のネタバレ

横浜地検港南支部の検事竹村凛々子に殺人事件が任されました。

緊張しながらも凛々子は容疑者と接見。うつむきがちな容疑者町田かれんは、夫とお茶漬けのことが原因で喧嘩となり、1発だけ殴ったと証言しました。

ささいなことで喧嘩と凛々子はあきれますが、かれんが言うには夫婦にはいろんなことがあると言う。

凛々子が調べていくと、被害者の頭には5~6発殴った痕が残っていることがわかります。

さらに、かれんは自分より若い男と頻繁に会っていたことや、かれんの近所の人からゴミ袋に「離婚届」が入っていたことを知ります。

凛々子は、かれんが若い男と浮気の上、家を出たがっていたと思い、再度、かれんと話しをするが何も出ません。

調べていくと、若い男は職業紹介事業所の男ということがわかり、かれんは住宅手当のあるスーパーで働くことになっていたことが判明。

さらに、1年前に出て行ったという娘の存在も解ったが、かれんは居場所が分からないという。

かれんの、通話記録や通信状況を調べてみると、1人だけインスタをフォローしている女性がいました。写真から漁港だということがわかり、凛々子と相原は会いに行きました。

すると、まりあという女性はかれんの娘で、まりあは父のひどい暴力と、それにじっと耐えて見て見ぬふりをしている母に嫌気がさして家出をしていたことがわかります。

母親が今、自立しようとしていることやフォロワーとして応援していることがわかり、まりあは、母親に手紙を書きます。

町田かれんと再度、接見した凛々子はそのことを話し手紙を手渡しました。

手紙を見て、かれんは涙を流し、事の真相を語りだします。

娘に家出され、やっと気づいたかれんは、自立するため必死に職を探してやっとの思いで社会に出ようとしていました。そのことを夫に知られてしまい、断るように強要され、夫自ら断りの電話をかけようとしたのです。

暴れ出した夫を見かねて、かれんが手に持った花瓶で夫の頭を殴りましたが、また起き上がろうとしたために再度殴って殺してしまいました。

自白まで持ち込んだ凛々子でしたが、最初はかれんのことを疑っていたことを反省しました。

まとめ

正義のセの竹村凛々子は、原作者の阿川佐和子さんがゴルフコンペで出会った女性検事がモデルです。実家の豆腐屋さんというのは、検事とはかけ離れた仕事が良いと決めたそうです。

凛々子の場合は、検事というイメージは薄いですが、だからこそ固定観念にとらわれずに柔らかな頭で事件を解決していけるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です