menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

正義のセ第4話感想とネタバレ!鉄道マニアの相原(安田顕)がめずらしく熱くなる!

 

新米検事の竹村凛々子(吉高由里子)が毎話新しい事件を経験しながら成長する話「正義のセ」。

第4話では、交通事故の事件を取り扱うことになったのですが、いつもと違うのは犯罪を起こそうと思った訳ではなく図らずしも事故になってしまったかわいそうな加害者と最愛の夫を亡くした悲しい老婦人。

どちらの事情もわかる凛々子が今回下した決断とはいったいどんなものだったのでしょう。

正義のセ第4話の感想とネタバレ、そしていつも仕事には冷静沈着な相原が珍しく熱くなったシーンなどご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

正義のセ第4話の感想とネタバレ

これまでギスギスしたお話しが多かったのですが、第4話については、ホッコリする話でした。吉高さんの検事役というのは微妙だと思っていたのですが、今回の事件解決に関しては、吉高さん演じる凛々子検事が良い働きをしたと思います。

相原(安田顕)も徐々に凛々子のペースに巻き込まれているんですが、今回の事件ではちゃんと言葉に出して凛々子を褒めていました。

事件の内容は、バイクが歩行者をはねて被害者が亡くなるという死亡事故。

最初は、「はい」と「いいえ」しか言わない、つかみどころがなかった加害者の勝村(白洲迅)が、調べて行くうちに実は真面目で仕事熱心。さらに、仕事ができるので信頼も厚く、忙しい時期をひとりでがんばっていたような人物。

いっぽう、被害者は、散歩をしていた佐藤という老夫婦の夫。

信号の色が争点となった今回の話でしたが、妻のフネ(茅島成美)は、歩行者が青信号と主張し、加害者の勝村はまぶしくて見えなかったと主張。

つまり、バイクの勝村が赤信号で交差点に入り、歩行者をはねたという形でお互いの話がまとまりそうになっていたんです。

勝村は良いヤツで、人をはねて殺してしまったことを悔やみ、自分が罪を背負うことで事故と向き合おうとしていました。

ただ、被害者の妻も突然夫を亡くしてしまい、なにもやる気が起こらず、とにかく加害者を重い罪を科してほしいとの主張。

いつものように現場を見に行った凛々子にある情報がもたらされます。

 

 

朝、犬を散歩させている男の人から、歩行者側の信号が赤だったと通りすがりの京浜大学の学生から聞いたということ。

慌てて、凛々子と相原が京浜大学で目撃者を探していると、鉄道同好会の学生が見つかりました。

ここで、いつも冷静で凛々子のブレーキ役だった相原がテンションがあがることになり、仕事そっちのけでグッズを見せるという行動に出たんです(笑)

ただ、目撃者がいるものの、決め手がなく、被害者のフネは頑なに自分の方が青だったと主調していましたのでこのままなら、加害者の勝村には厳しい判断が下る。

フネが悲しみに浸ってしまい、夫と一緒に営んでいたおせんべい屋さんも放置し、生きる気力も失っていることを目の当たりにしていた凛々子は、実家のお豆腐を持って、食事もロクにとっていないフネを見舞うんです。

そこから、フネの気持ちが一気に雪解けをし、本当のことを手紙にしたためたことから、勝村の刑も罰金刑だけになるという顛末です。

交通事故でましてや死亡事故の場合、こんなにすんなりいくことってないでしょうが、勝村が会えなくても被害者に頭を下げに行き、現場に花を手向けているのを知ってフネも心を開いて情状を軽くするための嘆願書を出すという結末です。

最後には、被害者の家のおせんべい屋さんに凛々子が行くと、奥で加害者の勝村が荷物運びを手伝っているというシーンがありました。被害者感情としては、そんなにさっぱりできるものではないと思いますが、勝村が良い人すぎるので、なんだか救われた気持ちになりました。

凛々子は、勝村が頭を下げると、「大切なのはこれからです」とキチンと言葉をかけるんですよね。

悲しみをこらえて、嘆願書を出してくれたフネの気持ちもちゃんと考えろと語りかけるところは、凛々子もちゃんとした検事なんだなと改めて思うし、この言葉で、勝村は救われたんだろうな~と想像すると、今回は良い話だったなと感じました。

なぜ相原のテンションが上がったのか?

相原の趣味は、第3話のオフのシーンで明らかにされています。凛々子と今は別れてしまった彼氏の優希(大野拓朗)が休みの日にデートをしているのを、たまたま同じ時間に通りかかった相原が電柱の影から見ているシーンです。

いわゆる、鉄道マニアのうちでも収集鉄(しゅうしゅうてつ)と言われる、鉄道に関する物品の収集を目的とするマニアのようです。

出典:日本テレビ「正義のセ」
なんだか、いつものキリッとした部分がありませんね(笑)こういう安田さんの演技が好きです。

 

 

まとめ

これまで、結婚詐欺師やDV夫など散々酷い事件を扱ってきたドラマでしたが、今回はちょっと良い話も交えてホッとした回でした。

恋には破れてしまい、妹に先を越されそうですが、同じ検事の先輩として、大塚仁志(三浦翔平)の存在が気になります。

 

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ