BG身辺警護人の病院がドクターズの堂上総合?第7話の感想とネタバレ!

島崎章(木村拓哉)にボディガードをしてほしいと元嫁の仁美(山口智子)が依頼してきて、6年ぶりに夫婦が仕事として一緒に行動することになりました。

しかし、たまたま居合わせたレストランで、民事党の五十嵐幹事長の秘書が乗り込み命の危険にさらされた7話。

しかも、またその場所に島崎の腕時計を届けた村田課長(上川隆也)が、犯人に撃たれてしまうというアクシデントもありました。搬送する途中で7話は終わったのですが、その搬送先が「堂上総合病院」とどこかで聞いた名前だったことからネットでは話題となりました。

堂上総合病院とは、同じテレビ朝日が作っている人気ドラマ「DOCTORS~最強の名医~」の病院です。
[clink url=”https://doramemo.com/shinpenkeigo6-kanso”] BG身辺警護人の感想とネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

BG身辺警護人第7話の感想

せっかく、島崎の元妻役の山口智子が出てきて、若い頃の回想シーンが出てきてさながら「ロンバケ」を思い出させる展開だったのですが、最後の課長の搬送シーンで全部持っていかれた感がありましたね。

撃たれた直後、島崎が止血をして救急車や警察も到着したので、ああ・・・解決か~と思ったらなんと搬送途中に村田課長(上川隆也)の容体が急変してしまいました。

村田課長は島崎のよき理解者ですし、現場に居合わせたのは課長のやさしさからだったので、気の毒だな・・・と思います。

島崎は、そういう現場に慣れているはずなのに、なぜか搬送途中の課長に「誤差なし」って言わせるんですよね・・・。上川さんの演技が苦痛で悶絶していたので、今しゃべらせたらかわいそうだな~と思ってしまった。

 

スポンサーリンク

 

課長の搬送先の堂上総合病院

村田課長が撃たれて搬送される救急車の中で、隊員が「どうがみそうごうびょういん」に搬送しますと島崎に言いました。それは、テレビ朝日がスペシャルドラマを放送している「ドクターズ~最強の名医~」と同じ名前の病院です。

村田課長は、警察OBで落合(江口洋介)の起こした不祥事を被って警察を辞めた辞めたようなセリフも過去にあり、そして日ノ出警備保障では島崎の良き理解者でもありました。

すごく、周りに配慮できる良い上司。

撃たれた箇所が悪かったのか、村田課長はかなりヤバイ状態になったまま終わったので、視聴者からは堂上総合病院のスーパードクター相良先生が何とかしてくれる!といったつぶやきも見られました。

ちなみに、ドクターズ~最強の名医~のお医者様方です。

相良先生(沢村一樹)は約3000件の執刀記録を持つという凄腕の医者、そして、もうひとり森山卓(高嶋政伸)はマザコンだが腕は確かな医者。

この二人のいる、「堂上総合病院」に搬送されたら村田課長も助かるのでしょうが、途中すでに絶命してしまった可能性もでてきましたので、微妙ですね。

BG身辺警護人第7話のネタバレ

島崎の元妻の仁美(山口智子)が、誰かに狙われていると日ノ出警備保障に依頼をしてきた。島崎経由で依頼があるも島崎は外れ、菅沼(奈々緒)が付くことに・・・。

仁美は今フラワーコーディネーターをしているが、造った花が3回も荒らされていたり、無言電話がかかってきていていました。

村田は状況を聞いて、やはり島崎が仁美の警護をした方が良いと判断、島崎宅に直接資料と共に訪問し、島崎も了承します。

日ノ出警備保障では、島崎が仁美の警護に向かう時に腕時計の時間を確認しますが、ちょうど止まっていました。村田課長が自分の腕時計を島崎に渡し、島崎は自分の時計を机の上に置いて出ていきます。

仁美の仕事場に島崎は付き添っていると、偶然に現場の近くで立原愛子の乗った車が止まっていました。島崎の姿を見つけた立原(石田ゆり子)はすぐさま電話を入れて誘うも島崎は業務中だと受け付けません。

仁美が仕事を終え、帰ろうとすると島崎は何かに気づき、仁美を走らせます。

角を曲がり、仁美を人目につかないところに誘導すると、それを追ってきた女を捕まえます。女は、仁美の夫、小田切と3年間付き合っていたことがあり、それで仁美に恨みをもっていました。

仁美は話を聞いて、女の前に出てきてすでに破局していたから、自分は結婚をしたんだとキッパリ言います。

女は退散し事件は解決。

任務完了と話しますが、お礼にと島崎と息子を呼んでレストランで食事をすると言い出しました。

息子がくるまで、レストランで話をする二人・・・。

その場に、立原愛子が現れます。立原は別室で五十嵐に党を離党したいと願い出ていました。

ちょうどそのころ、仕事を終えた村田課長がわざわざ島崎の腕時計を直してレストランまで自ら持ってきてくれました。村田課長は、おそらくその時計は大事なもの(元妻との思い出のもの)だと予感をしてその場に持ち込んだのです。

自分の時計も妻からもらったものだから・・・と優しく語ります。

その場で二人の近くを横切る影に見覚えがありました。

それは、以前、料亭で警備した時に騒ぎを起こした五十嵐幹事長の元秘書植野(萩原聖人)。

ひとりでレストランに来てフラフラと歩いている姿に何かを感じ島崎と村田はSPにそのことを告げますが、植野は五十嵐のいる部屋に行き、前回の無礼を謝らせてほしい、そして五十嵐にも謝って欲しいと大声で話します。

冷たくされた秘書は、拳銃を取り出し一旦は自分の頭に向けますが、その後周りのギャラリーも巻き込むべく銃口を向けました。

逃げ遅れた島崎達・・・。

島崎は元秘書の前にたち、両手をあげ話をしていましたが、秘書は動きません。

仁美は、島崎の瞳の合図を読み取り、元夫婦の痴話げんかが始まると、一瞬、植野の拳銃を持った手が下に降りたスキに落合が後ろから銃を構え制止。

落合が五十嵐の代わりに土下座までして謝るも、後方にいる五十嵐の言葉に逆上し植野は暴れ、取り押さえようと協力した島崎をかばって村田が撃たれて倒れ込むことに。

現地は報道陣も駆けつけ大騒ぎとなります。

村田は、救急車で病院に搬送されますが、途中容体が急変し・・・。

関連記事(島崎の過去とは?)
[clink url=”https://doramemo.com/shinpenkeigo5-kako”]

まとめ

次週の予告は、政治家がこの事件で口をつぐんでしまったので真実を話してほしい!と島崎が叫ぶシーンがありました。おそらく村田課長は亡くなってしまうんでしょうね・・・。

ただ、確かレストランの中で、課長が胸ポケットにICレコーダーを仕込んでいたはず・・・。

なので、最終的には証拠として公になり、村田課長の名誉が回復するという結末になると予想します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です