下町ロケット第6話ネタバレあらすじ!伊丹がダーウィンプロジェクトに!

中小企業が舞台の下町ロケット。ギアゴーストに吹っ掛けられた難問を佃航平(阿部寛)をはじめとする佃製作所が一体となって助けたのもつかの間、伊丹が復讐の鬼と化してしまいました。

下町ロケット第6話のネタバレとあらすじ感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

下町ロケット第6話のあらすじ

島津(イモトアヤコ)から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃(阿部寛)たち。

急いで伊丹(尾上菊之助)のもとを訪れるが、的場(神田正輝)への復讐に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。それを聞いた佃は激昂するが、伊丹は取り合わない……。

そんな折、財前(吉川晃司)が佃を訪ねてくる。財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからだった。

そこで、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいという申し出だった。さらに財前はほかの協力者として、北海道農業大学の教授で、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木(森崎博之)の名前を挙げる。

野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友。そんな野木を新規事業に協力するよう、説得してくれと頼まれる佃だったが……。

出典:TBS「下町ロケット」

いや・・・第5話のラストの伊丹社長(尾上菊之助)の裏切りには驚きました。ケーマシナリーに一手をとられて風前の灯だったギアゴーストに手を差し伸べた佃製作所に背を向けて、ケーマシナリーがらみで近づいてきたダイダロスと提携するなんてありえません!

どう見ても伊丹の周りには罠が張り巡らされているのは全く気付かないのが本当に悔しいところ。

ダイダロスの重田(古館伊知郎)は、伊丹をコケにした帝国重工の的場という男を共通の敵として言葉巧みにすり寄ります。あれほど世話になった佃重工にはまったく良い顔をすることなしに電撃的に手を結んでしまいました。

伊丹社長は自分個人のプライドを優先してしまったのです・・・。

 

下町ロケット第6話のネタバレ

伊丹の心変わり

航平(阿部寛)たちは、島津(イモトアヤコ)の告白を聞いて、ギアゴーストを訪問します。すると、島津の元いた席には新しい開発主任の氷室彰彦(高橋努)が座っていました。

対応した伊丹(尾上菊之助)も人が変わったようになっており、バルブの納品もライバルの大森バルブにお願いすることになったと言ったのです。

怒り心頭の航平や山崎(安田顕)・・・。佃製作所はこれまでギアゴーストに尽力してきたのになぜ・・・と航平は言いますが伊丹は眉ひとつ変えません。

「それはそれ・・・ウチにはウチのビジネスモデルがありますから・・・」と冷たく言い放ちます。

航平は、こんな裏切られかたをしたのは初めてだ!と声を荒げると周りの職員も耳を傾けていました。しかし、伊丹の態度は変わらずそっけないままでした。

航平が会社に帰って社員に頭を下げました。

そのころ、伊丹とダイダロスの重田(古館伊知郎)は、ヤマタニの蔵田(坪倉由幸)と入間(丸一太)と打ち合わせをしています。

佃製作所のメンバーが夜、居酒屋で飲んでいると、同じ店にギアゴーストのメンバーもやってきました。お互いを確認し嫌なムードが流れる中、柏田(馬場徹)が他の店に行こうと言い出すと氷室だけは隣の席に座りビールを注文しました。

横柄な態度をとる氷室に立花(竹内涼真)は爆発寸前・・・しかし氷室はケンカを売るようなことを言い続けます。島津のことも価値がないから会社を出ていってもらった・・・と言い放つ。

 

島津へのラブコール

ひとりで詫びを入れに来た島津に、立花は一緒にやらないかと誘っていました。他のメンバーも同じ考え・・・、困惑顔の島津・・・とりあえず佃製作所が作ったトランスミッションの第1号を島津に見てもらうことにしました。

たんたんと指示を出す島津、そんな姿を見て航平は一緒に仕事をしないかと誘いますが、島津は疲れてしまったと話します。

 

新たな挑戦

財前は、宇宙航空部企画推進グループの部長となっていました。ロケットの推進をしてきたがその周辺ビジネスをするという。航平は過去に財前が農業事業をすると言っていたことを思い出し聞いてみました。

航平に連れられて殿村の田んぼの稲刈りをしたとき、農業に従事する人たちの高齢化が進んでいることを肌で感じこのままでは10年後に農業はすたってしまい、ノウハウも失うと危機感を感じていたと言います。

そこで、考えたのは無人農業ロボット。

ロケットヤタガラスからの情報で、田植え機、トラクターコンバインを自動で誤差数センチで動かすという計画・・・。これで農業をする人が豊かになり、もっと農業人口も増えていくだろう・・・。

そこで、公平にも力を貸してほしいと財前は言いました。

エンジンとトランスミッションは佃製作所に頼みたい、そして無人の農業ロボットの技術に関しては、航平の大学時代の同級生で北海道農業大学で教授をしている野木(森崎博之)が第一人者なので説得をしてほしいと。

しかし、財前は以前野木に声をかけたところ、あっけなく断られていたのです。

航平は家に帰ると、利菜(土屋太鳳)が上機嫌でした。それは帝国重工のバルブシステム開発のチームリーダーを任されていたから。ご飯がひときわおいしいと利菜が言うと、その米は殿村が送ってきた米だと稲刈りの写真を見せました。

 

野木との再会

航平は北海道農業大学生物環境工学部にやってきていました。野木の研究室に向かう途中にある格納庫から無人のトラクターが出てきたことに驚きます。

そしてそのトラクターの前をヘッドホンをした学生が横切りそうになったので慌てて航平が助けに入りますが、それは無用な心配。トラクターは障害物が前にくると勝手に止まるようになっていたのです。

感動して何度もトラクターを止める航平の前に、野木がやってきました。

トラクターは予定した時間になると格納庫から出て畑に行き作業を始めるようにプログラミングしてある・・・。航平はトラクターのエンジンは佃製作所が作った「ステラ」であることを語ると野木は驚きました。

「別々の道を進んだ俺たちがエンジンでつながっているとはな・・・」

ヤタガラスを打ち上げたおかげで誤差が3㎝以下になったと野木は言います。そして、ヤタガラスを打ち上げたのが佃製作所だったことをホームページでみた野木は前のおかげだと感謝しました。

30年前にふたりでやったロケットの打ち上げ実験が功を奏したんだと野木は嬉しそうに語りました。

 

過去の失敗

その後、野木は研究室の生徒たちを集めバーベキューを開き話し始めます。佃はその時に話があると言い出すと財前もその場所に入ってきました。

3人で話あうと、野木は怒り始めました。大企業の手先になった・・・・、そして航平は金になるかどうかで判断していると。あまりの荒れように航平はなにかあったのか?と問うと、野木は5年前のことを語り始めます。

キーシンというベンチャー企業が野木の研究室と共同開発をしたいと提案し契約をした。キーシンの社員を受け入れ最初はうまくいっている風にも見えたが、1年もたたないうちに契約解除と言ってきた。

キーシンが必要なプログラムを開示しなかったからという理由だったが、その後裁判にまで発展し野木側が勝ったものの農機具の自動制御装置の技術を盗まれてしまった・・・。

おそらく、共同開発は技術を盗むことが本来の目的だったと野木は悔しそうにそう言います。

それ以上なにも言えずに航平は帰途につきました。

ヤマタニには、重田と伊丹、そしてこれからの北堀企画の北堀(モロ師岡)とキーシンの戸川(甲本雅裕)がやってきていました。これから農業の自動制御の仕事をするためにヤマタニ製作所の蔵田と入間に挨拶に来ていたのです。

 

農業現場での悩み

一方、殿村の農場では、トラクターが古く動かなくなってしまったところに同級生の稲本(岡田浩暉)がやってきます。仲間たちが集まっている飲み屋に呼ばれ行ってみると「農業法人」を作ろうと言っていました。

そこで、殿村には経理担当をしてほしい・・・そして農林協同組合の吉井(古川雄大)も殿村を仲間に入れたほうが良いと言っている。了承すればトラクターも安くで手に入ると誘います。

吉井は、殿村の父にも声をかけていました。元々殿村は、お客さんに直に米を売っているので、組合を通してほしいと強引に言ってきた。しかし父正弘はいちいちそんなことでくよくよしなくてもいいと言います。

航平が殿村に会いにやってきます。原点に戻るためにトラクターに乗せてほしいと言いますが、壊れていることおを伝えると航平が修理をし始めました。

そこに来たのが、農林協の吉井・・・。トラクターの具合が悪いことを知ると自分を通せば安くできると言います。慇懃無礼な態度に顔をこわばらせる殿村、用事を聞くと登録をしてほしいと言う。

手間暇かけて作っている米なのに他の米と一緒にするのは嫌だと殿村が言うと、吉井はコメの素人だろ?と嫌味を言いました。品質の違いなんて食べる方はわからないと収穫したコメに手を入れたのです。

「触るな!お客様に食べていただく大事な米を汚い手で触らないでくれ!」

吉井は殿村に迫ってきますが、殿村はそれ以上の迫力でこう言います。

「うちのお客は、ちゃんとコメの品質を認めてくれている、俺たちのプライドを買ってくれているんだ!」
「アンタらなんかに売ってたまるか!」
「アンタみたいな人いると米がまずくなる!」

迫力に押されて吉井は帰っていきました。航平は、こんな場所でももめ事があるもんだと言うと殿村もこんな現場で争いがあるとは思わなかったと言います。

今が正念場・・・自分たちの米を楽しみに待っていてくれる人たちのために頑張るしかないという殿村を見て航平は何かを見出したように帰っていきました。

 

あきらめない気持ち

野木が東京の学会に出席していることを知り航平は会いにいきます。

大学時代、ロケットへの夢を絶とうとしている航平に野木は怒ります。夢をあきらめちゃいけない・・・!と教えてくれたのは野木だった、だからお前の夢を俺に手伝わさせてくれ。

日本の農業を救うことだろ?と言うと、その言葉はキーシンにも言われた、企業がはいると夢がノルマに代わるんだ・・・野木がそう言い帰ろうとすると、航平は自宅で食事でもと誘いました。

野木はそれならと佃製作所の車に乗り込みます。航平は、家に帰るまで少し仕事に付き合って欲しいとある場所に連れていったのです。

 

帝国重工宇宙航空部

航平が野木を連れていったのは帝国重工の宇宙航空部のメイン開発フロアー・・・。ロケットエンジンを見て野木は驚きます。そこに現れたのが財前。

そこには、佃製作所の新作バルブを実験するところだったのです。目の前のエンジンの開発を仕切ってきたのが財前・・・そういうと野木の顔が変わります。

財前がその場所に来たことで工場内の元部下たちが指示を仰ごうとやってきました。その後、試作品のバルブ耐久テストを始めると、関係者や航平と野木がテストをする場所に移動します。

真剣に見つめる人々・・・それを見て野木は30年前にロケット打ち上げに成功したときのことを思い出していました。

小さな実験を繰り返す佃製作所の社員たち・・・

「彼らには会社が決めたノルマが存在する、でも彼らはそれを乗り越えていく喜びを知っている」だからこそ毎日創意工夫をし、少しずつ前に進むことができるんだ。

野木は、実験室から出てきた利菜に数値がどれだけ足りなかったのかを聞くと0.8%だけ足りなかったんだと言う。たったそれだけ・・・と驚く野木に、利菜はロケットに使われる部品は24万個もある・・・、ひとつの部品の信頼性が上がればそれは大きな前進となると語りました。

「私たちが磨いている技術は私たちだけのものではありません。きっと世界の・・・未来のロケット技術を支える土台となってくれるはずです」

だからいい加減にはできない・・・。

会社から出てきて談笑している航平と野木そして財前の姿を的場(神田正輝)が別な場所から見ていました。

 

佃家の夕食

夕食時、航平は、出したご飯を見てこの米を守りたいと野木に言います。その米は親友で元経理部長が必死で作っているそして、農業の現場では後継者がいなくて困っている。

農業の生産性を上げて若者を呼び込む・・・

自分も財前もこの国の農業のために何ができるのかを必死で考えている!野木に訴えかけました。一緒にやってみないか!そういうと野木はわかったととうとう答えました。

「なんのために俺は研究しているのか俺は忘れていた!」

ふたりは固い握手をすると、そこには利菜が帰ってきました。

 

ヤマタニ本社

航平はヤマタニの本社に行き、入間と蔵田に製品が競合してしまうかもと詫びを入れていました。謝る航平に、蔵田は思わずホッとしていると口走ると航平はおかしな感覚に襲われました。

こちらが切っているのに、切られているような・・・

 

帝国重工の新規事業企画

的場は宇宙航空部本部長の水原(木下ほうか)に無人農業ロボットの新規企画のことを聞いていました。事業計画書を出させ、的場が直轄となるように仕向けました。

的場は、財前と航平を呼びこれから自分のやり方で指揮をとることを伝えます。航平に否定的な的場は、世の中実績を上げないとどうにもならないと嫌味を言いました。

その場を去ろうとする的場に航平は、こう言います。

「弊社は昨年の売り上げは100億、経営利益10億の中小企業です」

これまで培った技術で御社ではできなかった大型バルブシステムを開発してきました。打ち上げ確率98.3%世界中から賞賛される実績ばかりだ!今回も成功してみせますよ!

最高のトランスミッションとエンジンを作ってみせる!!

そのころ、伊丹も的場が指揮をとるという情報を受け重田に伝えていました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

これまで、元帝国重工で陽の当たらない場所で苦労してきたふたりが作ったギアゴーストという会社。やっと軌道に乗ってきたところ、ケーマシナリーの中川弁護士(池端慎之助)に著作侵害を訴えらえられ15億円を要求されることになり佃社長が先頭を切り、顧問弁護士の神谷まで総動員して中川と末長の悪事を暴きました。

普通ならここでめでたしめでたしとなるところが、伊丹のプライドを重田がくすぐりギアゴーストとダイダロスが提携してしまうというどんでん返し。

いくら競争社会だといっても、こういった約束や恩義を忘れてしまうような会社はやはり良いことはないでしょうし、原作の池井戸潤さんのお話しなら、おそらく佃製作所の巻き返しがあるはず・・・。

伊丹には悪いけど、個人の意向を優先するような人は経営には向かないし裏切り者の会社ギアゴーストはやはり潰れる運命なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です