menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

下町ロケット2(ヤタガラス)第7話ネタバレあらすじと感想!悪役的場の次のターゲットは?

 

中小企業の社長がロケットを作る夢を叶える下町ロケット。宇宙の次は大地が舞台。ヤタガラスを農業分野に応用しようと航平は動き出しました。

しかし、内外から敵が次から次へと現れ航平を悩ませます。

下町ロケット第7話のネタバレとあらすじ感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

下町ロケット第7話のあらすじ

ある日、財前(吉川晃司)が佃製作所を訪れた。佃(阿部寛)らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をする。

しかし、そこで財前が告げたのは、突然の取引中止だった。聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場(神田正輝)により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したという。

長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた挑戦だっただけに、佃をはじめ社員たちも抗議するが、板挟みの財前にはどうすることもできない。さらに財前は、こんな状況でさらに厚かましいお願いをしなければならないと切り出した。

それは、佃製作所が離脱するならプロジェクトを降りると言う野木(森崎博之)を説得してほしいというものだった。
自分たちは梯子を外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激昂する佃だったが……。

出典:TBS「下町ロケット」

いや~佃航平の周りには敵だらけですね。財前(吉川晃司)が計画しているヤタガラスを使った農業の自動化も、的場(神田正輝)が口をはさみ、航平へ実績がない会社との付き合いはしないような宣告をされてしまいました。

いくら航平がこれまでの実績や、技術力の話をしても的場は聞く耳を持ちそうにありません。

しかも、航平の大学時代の親友で、北海道の大学教授で農業の自動化の権威として名前の挙がっている野木(森崎博之)をやっとのことで説得し、さあこれからというときに悪役的場が現れてきてしまったのです。

 

下町ロケット第7話のネタバレ

帝国重工の裏切り

財前はある使命を受け佃製作所を訪れていました。それは的場からの命令で、農業用ロボットのトランスミッションとエンジンは中小企業を使わずに自社で製作するということ。

つまり、佃製作所を切るようにと言われていたのです。

航平(阿部寛)たちは総出で財前を出迎えます。ちょうど財前が来たからと出来上がったトランスミッションを見せる航平に財前はひとめ見て素晴らしいと声をあげました。

しかし、会議が始まると財前は突然頭を下げます。納得のいかない航平は財前に怒りをぶつけました。

頭を下げるしかない財前、的場(神田正輝)や奥沢(福澤靖之)に必死に食い下がるも、的場の命令は変わりません。航平は財前の辛い想いをくんでその場をおさめようとしますが、話はそれだけではありませんでした。

佃製作所が今回の企画に入らないことで、農業用自動運転の権威である航平の友人、野木(森崎博之)もまた辞めると言い出していた。そこで、友人である航平にもう一度交渉をしてほしいという。

それも、的場の命令・・・。

流石にムシの良い頼みに航平は断ります。

「ふざけないでください、うちにだってプライドというものがあるんだ」
「今日のところは帰っていただけますか」

 

娘・利菜へのプレッシャー

宇宙航空部本部長の水原(木下ほうか)が利菜の元へやっていて「秘密保持契約書」を差し出し、これから佃製作所に発注しているバルブシステムを内部で開発しようとしていることで、利菜にも本格的に参加してほしいとの意向を伝えました。

父にも何も伝えないようにと釘を刺しました。

 

殿村は米をおろしている店に妻と納品に行くと、真ん中の良い場所から奥の見えづらい場所へ移転させられていました。その良い場所は、農林協の吉井(古川雄大)の指示で稲本(岡田裕暉)が米を置くことになったのです。

「あれだけ俺にデケエ口をたたいたんだからさ、タダで済むと思うなよ・・・」と言うとその場を去っていきました。

翌日の朝、殿村家の前には生ごみが捨ててありました。掃除しようとする家族を見て殿村は吉井の仕業だと怒り文句を言いに行こうとすると父正弘(山本學)は放っておけ!と制止します。

その夜、航平と電話で話す殿村は、父のことを見ていると怒りも消えてしまったんだと言います。父は何十年も自然と戦ってきたので、たかが人間界のいざこざなど気にも止まらない様子だと。

父にとって大事なのは、殿村の米を待っていてくれるお客さんだけ・・・。そして、殿村の家に届いた財前の手紙を航平に読み上げ始めました。

「殿村さんのお宅で稲の収穫を経験し、私も新たな一歩を踏み出せたと思っております」
「おいしいお米をありがとうございました」
「殿村さんの気持ちが存分にはいったお米を存分にお客さんに食べていただくのはとても素晴らしいことだと思います」

自分の仕事は、お父さんの仕事の手助けになるかもしれない・・・。そのために全力を尽くす所存だということが書いてありました。

それを聞いて航平は、山崎(安田顕)に、殿村の父親を見て大地に夢を託したんだと、元々の自分の熱い想いを吐き出します。おそらく財前の考えることも同じ・・・。

だったら、技術を世の中に出すことが先決!

自分がここで意地になっていたら日本の農業の発展を止めることになってしまう・・・。少々あきらめ気味の山崎はこう言いました。

「社長らしいご決断だと思います」

 

新規契約

そんな時、営業の唐木田(谷田歩)と江原がキジマ工業からエンジンとトランスミッションの大口注文を取ったと会社に喜びながら帰ってきました。

にわかに沸く社内。

帝国重工の的場の方でも、農業用ロボットを「アルファーワン」と名付け、記者会見も月末にすると急いで調整するようにと奥沢に命令します。

奥沢はキーシンの戸川に接触をして野木のことを聞いてきます。戸川は、帝国重工が月末に記者会見の情報をダイダロスの重田や伊丹たちに告げました。

重田はその時、伊丹にもうひとつの仕事を持ちかけていました。

キジマ工業に航平たちが訪問すると、約束した発注の件を断ると言ってきたのです。タイミングが悪かった・・・キジマ工業の担当者はそう言い航平たちが帰ろうとすると、重田と伊丹がやってきて挨拶をします。

二兎を追う者は一兎をも得ず・・・そういうと足早にキジマ工業の中に入って行きました。

ギアゴーストでは、伊丹の指示のもと、氷室(高橋努)が島津の後を継いで設計図を書いています。一方、佃製作所ではせっかくの新規契約が突然破棄されたことで意気消沈していました。

佃製作所の会議室では重苦しい雰囲気が流れ、トランスミッションの開発はもうやめた方が良いという意見も出始めます。そんな話に答えが出せない航平・・・。

 

航平の説得

航平は、野木の大学に足を運びます。ちょうど、トラクターが動かなくなってしまったところだったので、航平は修理をしました。急に頭を下げる航平。

「いまだに腹が立って仕方がない・・・」と言うも、航平は自分に一番腹がたつんだと。

日本の農業のためにせっかく決心した野木が一番腹が立っているに違いない。野木にプロジェクトに参加できなくさせてしまった自分に腹が立つんだと言いました。

ウチのトランスミッションやエンジンが通らなかったのは帝国重工の内製化ではない。

「実力なんだ!」

的場を納得されるほどの製品を作れなかった自分の責任・・・。野木の研究は世界に誇れるもの・・・だから1日も早く世に出してほしい!

帝国重工には野木の研究を誰よりも信頼している財前がいる・・・だから、帝国重工と組んでほしいと説得しました。野木の脳裏には、財前が現場で信頼されている姿が浮かんでいました。

野木はそれでも納得いかないと言うと、航平はこう言います。

「俺がこのまま終わるとでも思ったか?」

そういうと、ある頼みを託します。それは、社員たちの前で言った決心、トランスミッションの開発を続け、無人の農業用ロボットを会社単独で進めること。

自動化がされたあとのために先行投資。野木はそれを聞くと、帝国重工に力を貸すことを決心しました。財前に、野木のことを報告すると、財前は深く頭を下げました。

財前は的場に、小型のトランスミッションやエンジンの開発の話がすぐにはできないと言うと、的場はもう財前には用はないと言い放ちます。

野木に直接交渉するのは奥沢で、しかも、遠隔操作システムの開発コードを見せてほしいと簡単に言いだします。それがないと開発できないとやすやすと答える姿に野木は怒りを持っていたのです。

佃製作所でそのことを嘆き、自分が目指すのはもっと大きな未来なんだと語ります。山崎が、コメ作りだけではなくじゃいもやトウモロコシなどのいろんなものに応用できるからでしょう?と野木の思っている未来を話しました。

「その通りなんだよ」

私たちにも先生の研究を応援させてほしい・・・集まった社員たちは口々にそう言いました。

 

野木の元に佃製作所のメンバーが訪れていました。そこに帝国重工の奥沢もやってきます。航平たちがいることに不快感を示し、下請けは元受に協力するのは当たり前だ!と言ったのです。

立場をわきまえろ・・・と喧嘩腰に言うと、航平は研究は会社のためではなく農家の人たちのものだと声をあげると奥沢はお引き取りくださいと言う。

野木を連れて行こうとすると野木は、立ち止まり奥沢の欲しがっている開発コードをくれてやると言う。そして、もうひとつ開発コードを全世界にばらまくと言い出しました。

そうなると、一気にライバルが増え競争になる。一気に弱気になる奥沢・・・。もし、嫌なら自分の交渉には財前を通すように強引に命令をしました。

「私は言葉の通じる人間としか交渉はしない!」それはあなたじゃない・・・お引き取り願えますかと。

 

アルファーワンの発表記者会見

大勢のマスコミを呼んで帝国重工ではアルファーワンの記者会見が大々的に開かれました。華々しい様子に次の日のテレビや新聞はその話題で持ちきりになると自信をのぞかせる的場たち。

ちょうどそのころ航平の前には重田の姿が・・・。的場に怒りを表し、佃さんの敵討ちをしてあげるという。そして翌日、大々的に発表した割には小さい扱いに驚く航平でしたが、テレビでやっていると知り見てみるとそこには重田の姿。

重田たちは、一足先に農業用のロボットを完成させテレビの放送で発表をしていたのです。その名前は「ガウディ」という者でした。

 

下町ロケット第7話の感想

とうとう、重田たちの復讐が始まりましたね。航平も自分が的場にいじめられているだけあって複雑な気持ちでしょう。重田や伊丹は復習という形で打って出ていますが、航平の佃製作所はもっと次元の違うもの。

殿村の環境と同じく、いじめに対して報復ではなく、もっと良いものを作って見返すということの差がラストに向けてどういう動きとなるのか・・・。

これ、ドラマなので航平は鉄のハートですが、現実だったら社長はぶっ倒れてもおかしくないですね・・・。財前の手前、自社ブランドは難しそうですが、中小企業でもここまで熱い気持ちがあるのなら自分たちで作ってもいいんじゃないかな・・・。

重田たちが作った「復習」の武器であるガウディってどうなんでしょう。人の情報を盗み、真剣に農業と向き合っていない人たちが作るものなんてやはりどこかで破たんしそうな気もします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

下町ロケットの前半で、航平が助けたギアゴーストが参加しようとしているダーウィン計画。その中心人物として登場したキーシンの戸川譲(甲本雅裕)が本当に悪いヤツで、航平の親友である野木の大学と共同開発で農業の自動化を進めるという計画をしていましたが、一方的にキーシンから破棄。

そして契約違反を訴えられるという修羅場を経験して野木ももう企業とは組まないとアレルギーを起こしていました。

しかも、共同開発ということで研究室も開放したために、戸川が忍び込んだ上技術だけコピーをして盗みだしたのです。こんな悪いヤツらと組むダイダロスの重田(古館伊知郎)とギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)・・・。

的場への復讐の気持ちが、悪い運気を運んできたのか、盗んだ内容でダーウィン計画をしようとしています。

航平自身も、帝国重工の新たな企画には参加できるか危うくなってきています。農業を救いたいという高尚な想いが、復讐の道具と化してしまうのかどうか見ものです。

 

スポンサーリンク

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ