【2018視聴率最新】下町ロケットの視聴率速報と推移!1話から最終結末まで!

2018年10月14日から始まったTBSの日曜劇場「下町ロケット2」。2015年のドラマ化から3年、人気のドラマの続編が放送されます。

人気シリーズだけに、登場人物も多く、歌舞伎の尾上菊之助さんや、芸人の今田耕司さんなど出演者の話題も事欠きませんが、その中でも目立つのが、神田正輝さんや吉川晃司さんなどのベテラン勢。

特に帝国重工のメンバーは重鎮ぞろいで、神田さんも重役のひとりで、迫力ある顔演技が話題です。

下町ロケット(2018/ゴースト)の視聴率の経緯を1話から最終話まで推移を含めお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

下町ロケットの基本情報

放送局:TBS日曜劇場
放送日時:日曜夜9時~

原作:池井戸潤『下町ロケット ゴースト』(小学館刊)
ナレーション:松平定知
脚本:丑尾健太郎『ブラックペアン』『小さな巨人』など
演出:福澤克雄、田中健太

このドラマを観て、池井戸潤さんが原作を書かれているからか、昨年の陸王にとてもよく似ていると思ったのですが、演出も陸王を担当した福澤さんがなさっているので納得しました。

陸王も、最初は四面楚歌でどうにもならない状況が続き、それでもあきらめない主人公が周りを巻き込みながら最後は成功をするというお話しのベースは同じです。

 

下町ロケット2015年の視聴率は?

2015年に放送された、下町ロケットは2015年度の民放ドラマとしては最高となる20.4%という視聴率を打ち出しました。そのおかげで、2015年度の第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞ほか計5部門を受賞するという快挙を達成しました。

満を持しての続編となったわけですが、前期の下町ロケットの視聴率の推移を振り返っておきましょう。

2015年版「下町ロケット(ロケット編、ガウディ編)」の視聴率一覧表

2015年版の放送日(2015年10月18日~12月20日)

平均視聴率:18.5%
最高視聴率:22.3%(最終話 12/20)
最低視聴率:16.1%(第1話 10/18)

最低視聴率16.1%ってスゴイですね。今現在のドラマでは10%を超えたところで、まずまずの評価をされますので、16.1%というのは怪物級のドラマです。

回目 視聴率 放送日 サブタイトル
1話 16.1% 10/18 ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!
中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド
ロケット編
2話 17.8% 10/25 娘の愛で20億買収の危機を救えるか 15分枠大SP
3話 18.6% 11/1 新たな敵・帝国重工が牙をむく!
4話 17.1% 11/8 反撃開始!下請けの屈辱をはらせ!!
5話 20.2% 11/15 ロケット編完結 涙と感動の打ち上げ
6話 17.8% 11/22 NASAからの刺客!医療編へ ガウディ編
7話 17.9% 11/29 反撃開始!!町工場vs医療の野望
8話 20.4% 12/6 佃&財前、まさかの敗北…逆襲を狙え!!
9話 18.2% 12/13 最終回前15分拡大!!
財前失脚…佃vs椎名!技術は嘘をつかない
最終話 22.3% 12/20 裏切り者は許さない 日本プライドを持て!
ロケットの夢・人工弁の夢を打ち上げろ!!

2015年版「下町ロケット」の視聴率の推移

2015年版の下町ロケットの視聴率がどのような推移となったのか、折れ線グラフを作ってみました。

この推移表を見ても、最初から高水準の視聴率で始まり、全く落ちることなくラストに向けて跳ね上がっています。

1話~5話までが、原作の「ロケット編」6話~10話(最終話)までが「ガウディ編」です。

「ロケット編」も「ガウディ編」も最初は、10%台で始まるものの(それでも高い視聴率なのですが・・・)話が盛り上がるにつれて視聴率が20%を超えてくるのが推移のグラフからわかりますね。

日曜劇場を代表するドラマとの視聴率推移比較

原作が池井戸潤さんの作品でドラマ化したもので話題となった「下町ロケット2015版」「陸王」「半沢直樹」の視聴率はどれだけ違うのか、わかりやすくグラフにしてみました。

 

下町ロケットも当時の視聴率でかなり良い成績を残していましたが、その後の半沢直樹はもう別格ですね。年末の紅白歌合戦くらいの盛り上がりを見せていたのがわかります。

半沢直樹の視聴率データ

平均視聴率:28.7%
最高視聴率:42.2%(2013年9月22日 最終回)
最低視聴率:19.4%(2013年7月7日 第1話)

 

陸王の視聴率データ

平均視聴率:16.0%
最高視聴率:20.5%(2017年12月24日 最終回)
最低視聴率:14.0%(2017年10月29日 第1話)

陸王もラストには20%越えを果たしているので、大成功のドラマだということがわかりますが、半沢直樹がすごすぎて普通に見えます。下町ロケット2も第1話で13%台ですので、ここからの巻き返しが期待できます。

 

スポンサーリンク

 

2018年版「下町ロケット」の視聴率一覧表

回目 視聴率 放送日 サブタイトル
1話 13.9% 10/14 新シリーズ幕開け!ロケットから撤退か?夢を諦めずに立ち向かえ!!
2話 12.4% 10/21 15億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!
3話 14.7% 10/28 大逆転なるか!牙をむいた帝国重工に立ち向かえ
4話 13.3% 11/4 涙の別れ!鬼の経理が退社!!裏切者は誰?逆襲へ
5話 12.7% 11/11 完結!ゴースト編〜負けたら終わり!予想不可能な展開!!逆転なるか!?
6話 13.1% 11/18 新シリーズに突入!
この国の未来のために〜帝国重工との対決
7話 12.0% 11/25 帝国重工が佃をつぶしにかかる!逆転へ
8話 11.5% 12/2 大企業に復讐しろ!
中小企業VS帝国重工食うか食われるか!?
9話 12.6% 12/9 最終章突入!
帝国の隠ぺい工作を暴けるか無実の親友を救え!
10話 15.5% 12/16 最終回前SP〜
台風から親友と米を救え・佃プライド!総力戦で立ち向かえ!
最終話 16.6% 12/23 最後の大逆転なるか悪党たちに立ち向かえ夢に向かって走れ!

まとめ

下町ロケット2の視聴率は2015年ほどの勢いはないものの、第1話では13.9%とまずまずの数値をたたき出しました。後半に向けて上がっていく傾向があることから、これから盛り上がりに向け20%を目指すのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です