執事 西園寺の名推理のあらすじは?キャストやネタバレと放送局(関西・静岡)情報も!

執事といえば、あまり普段耳にしませんが、漠然としたあこがれみたいなものがあります。ある老婦人に献身的に仕える執事が難事件を解決するというドラマ「執事 西園寺の名推理」。

上川隆也さんが主演で、執事をすることで話題となっています。

「遺留捜査」でも好評な上川さんがどんな執事を見せてくれるのか期待されますね。

執事 西園寺の名推理のあらすじやキャスト放送局の情報もご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

執事 西園寺の名推理の基本情報


放送日:毎週金曜日(開始日 4月13日~)
放送時間:夜8時~
放送局:テレビ東京
主題歌:「しおり」ナオト・インティライミ

脚本:田中眞一 真部千晶 大石哲也 藤原文翁ほか

脚本には4名の方の名前がありますが、それぞれ書かれた作品を見てみましょう。

田中眞一さん
「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」
「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」
「GTO」
「みんな!エスパーだよ!」
など

真部千晶さん
「科捜研の女」 第8シリーズ
「新・警視庁捜査一課9係」など

大石哲也さん
「遺留捜査」 第4シリーズ
「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」など

藤原文翁さん
舞台演出や脚本を手掛けられています。

 

スポンサーリンク

 

執事 西園寺の名推理の放送局は?

テレビ東京で制作されているドラマですが、その他放送の放送地域は以下の通りになります。

テレビ大阪
テレビ愛知
テレビせとうち
テレビ北海道
TVQ九州放送

関西では、テレビ大阪が見える地域は見れますが、静岡になると少し微妙かもしれません。

執事とは何をする人?

執事って、どこかにいるんでしょうが、どんな人なのか、どんなことをするのか庶民の私にはわかりません(笑)

どんなことをする人なのかというのは、番組の公式サイトで語られていました。

執事とはハウスキーピング、食事やお茶の給仕、新聞のアイロンがけから、テニスのお相手はもちろん、使用人の監督、財産の管理まで、お屋敷におけるすべてを仕切ります。

それも極めてスマートに・・・。ご主人にどうしたら喜んでいただけるか常に気を配り、フル・オーダーメイドで、あらゆることをこなす「究極の秘書」です

出典:テレビ東京「執事 西園寺の名推理」

上川隆也さんの顔で、これだけのことができる人がそばでいろんなお世話をしてくれるなんて羨ましすぎる・・・。

上川さん演じる、西園寺一は主人が亡くなる前から勤めていて、奥さまのためならたとえ火の中水の中、すべてを賭して尽くすと書いてありました。

執事 西園寺の名推理のキャスト


西園寺一(上川隆也)

資産家の伊集院家に仕える優秀すぎる執事

奥さまの世話にとどまらず、屋敷におけるすべての業務をうけもつ。
ロンドンの名門執事学校を首席で卒業し、世界各地の大富豪のところで執事をしてきたとの噂も流れているが本当のところはわからない。

豊富な知識や経験、言葉は数か国語が話せ、格闘技、ピアノ演奏までできるスーパー執事。

しかし、この男の過去は誰も知らず、ミステリアスな部分も持ち合わせる

伊集院百合子(八千草薫)
屋敷の奥さま。お上品で好奇心旺盛、ちょっとだけ天然キャラで守ってあげたくなるような人。しかし、芯は強く周りを見透かす洞察力も持ち合わせている。

丸山昭雄(佐藤二朗)
城南第一署の刑事課の刑事。
たたき上げの刑事で、西園寺を警戒する

前田美佳(岡本玲)
伊集院家のメイドで明るさと強さを持っている。

板倉明美(池谷のぶえ)
伊集院家のベテランのメイド

柴田公平(平山佑介)
城南第一署刑事課の刑事。丸山の同僚。

伊集院光弥(里見浩太朗)
百合子の亡き夫。元々は政界の重鎮だった。

澤田慎次(浅利陽介)
伊集院家の新米執事で、よくお皿を割ってしまう。

大川龍之介(古谷一行)
元・警視庁長官の大物政治家。

執事 西園寺の名推理のあらすじ

西園寺一(上川隆也)は、主人の望みには完璧に応えるパーフェクトば執事である。

とある日、ホテルで開かれるスイーツコンテストが行われるホテルセンチュリートーキョーに百合子と西園寺は向かった。

この場所は、百合子の亡き夫が御用達をしていたところで、乙坂賢太郎(おかやまはじめ)という男が支配人をしています。

コンテストには3人のパティシエが参加する予定。

人気スイーツ店の代表、青木俊彦(葛山信吾)、「スイーツ王子」とテレビでもてはやされる錦野省吾(西村和彦)フランス人で世界でも名前が知られているピエール・パパン(ジリ・ヴァンソン)。

現場で、百合子が支援したことのある奥村香澄(内山理名)と再会。香澄は、青木のマネジメントとして来ているも、青木との間には不穏な空気が流れていた。

青木は、世界的なお菓子メーカーの後藤美幸(今村美乃)という令嬢と親し気に接している。

それを見た錦野は羨ましがっている。

コンテストが目前に迫り、それぞれバックヤードに戻っていきました。

開始直前になって、1階の備品倉庫で錦野が遺体となっているのが発見された。

事件現場には、城南第一署から丸山昭雄(佐藤二朗)と柴田公平(平山祐介)と樋口亜矢(桜乃彩音)が駆けつけました。

丸山は青木が犯人ではないかと言うも百合子には青木が関係しちえるとは思えなかった。

西園寺は百合子の気持ちをくみ、新人の執事の澤田と一緒に真相を探り始める。

まとめ

謎の多いパーフェクト執事が、ご主人さまである奥さまの気持ちを汲んで事件を解決するって、現実にはなさそうですが、夢のような展開でもあります。

また、信頼で繋がっている主従関係というのも最近では珍しいことなので、とても新鮮に感じます。

執事といえば、1クール前に日テレの「もみ消して冬~我が家の問題なかったことに~」で出てきました。初老の物腰の上品な小岩井と楠木という新米執事が出てきていたんです。

 

[clink url=”https://doramemo.com/momikeshite3-kanso”]

 

今回のドラマはガッツリと主役で事件まで解決しますので、これから執事ものが流行るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です