シグナルの大山刑事の結末や桜井とみどりの関係!第4話感想とネタバレ!

長期未解決捜査班が取り組んでいる1997年の女性連続殺人事件。この事件ではまたもや、2018年の三枝健人(坂口健太郎)と1997年の大山剛志(北村一輝)がつながりました。

大山が当時、懇意にしていた女性である北野みどりの被害を食い止めるために大山は奔走します。

シグナル第4話の感想とネタバレや大山刑事と桜井そしてみどりとの関係もご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/signal-jikeiretsu”]

 

シグナル第4話の感想とネタバレ

2018年で見る事件の結果が、1997年の大山の行動によって変わってしまった。ただし、大山は全て完璧にしたわけではなく、犯人らしき男性をバス停で取り違えてしまい、誤認逮捕をしてしまった。

しかも、運悪く、犯人にされた男性が尋問中に亡くなるという事故まで起きてしまいました。

三枝は、その後も被害者情報を知らせようとし次の被害者は北野みどり(佐久間由依)たと語り掛けるも、大山は失敗の上暴れたので、警察の機材に手錠で繋がれてしまいました。

大山が入り浸っていたラーメン屋で働く北野みどりは、大山の仲の良い友人。

無線機から流れる三枝の警告を聞き、事務所の備品をぶっ壊してまで、犯行現場に急行するんですが、時すでに遅し・・・。

大山の嘆きぶりがホントにかわいそうで、見ていて一緒に悲しくなりました。大山は、ある程度犯人にめぼしをつけていたのが、犯人が乗って逃げたと思われるバスの運転手の田中修一(モロ師岡)。

みどりを亡くした悲しみから、大山が強引に田中を責めたてるんですが、証拠がない・・・。田中の家に大山が押し入ったときにその場にいた息子は、大山が連続女性殺人事件の被害者のひとりを助けた時に見た男だったのです。

追いかけていき、格闘の末、ビルの屋上から田中の息子は笑いながら落ちていくところがまた不気味な雰囲気でした。

それにしても、この男の女性を殺す動機がわからないし、ひとつの要因は、父親の過保護があげられるんでしょうが、それにしてもサイコパス過ぎてなんだか後味の悪い事件だなと感じましたね。

父親は、孤独に育った息子が不憫で仕方ないから、息子がやった事件をすべて肯定して隠すことに協力するんです。

この父親役のモロ師岡さんが、迫真の演技で痛い親を演じていましたが、怒りを覚えるくらい自分勝手な言い分。自分の息子を正当化したり、事件と関係しているのを知っているのに庇ったりとある意味一番の悪人。

1997年地点では、犯人を検挙するだけの証拠もなく大山が父の田中修一に「お前を一生見張ってるからな!」というのが精いっぱいだったのです。

2018年に、田中修一の尋問を三枝がしますが、田中は息子はもう罰を受けたんだ!と言い、もう忘れ去られた事件なのになんで捜査を再開したんだ!と逆切れ

「あなたの息子が殺されていたら、それでも何もかも忘れて平穏な暮らしができますか!?」

そういうと、息子に殺された女性の写真を田中修一の目の前に置き、一人ひとりの名前と家族構成やどんな人生だったのかを説明していきます。

「これを見て同じことが言えますか?」

震えながらうつむいていた田中修一は、いったんその写真を蹴散らしてしまいます。

「被害者はみんな、冷たい地面で恐怖におびえながら亡くなったんです!」

すると、落とした写真を拾いあげ田中修一は号泣、すべてを話し息子も逮捕されることになります。

三枝が向かったのは、みどりの実家のラーメン店。

すべての事故が解決したのは、みどりが事件当時につけていた髪留めが決め手となったからその報告に行ったんです。

すると年老いた父親がポツリと大山のことを語り始めます。

「あの刑事さんのおかげだ・・・」

1997年では解明不能だった事件でしたが、2018年に大山がみどりのためにプレゼントした髪留めに残った田中の息子のDNAが一致したことで一気に事件が解決することになりました。

時を超えて、三枝が大山に教えてあげるんですが、事件が未来に解決すると知って礼を言い、亡くなったみどりが大山を励ますために用意したコメディー映画のチケットをひとりで見に行き大泣きをするというシーンがなんともかわいそうでした。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/signal-soukanzu”]

 

大山刑事とみどりと桜井刑事の関係

時代が前後してしまうので、少しわかりづらい部分があります。それは、大山刑事と北野みどりとの関係と、大山刑事と桜井刑事との関係です。

桜井刑事(吉瀬美智子)と大山刑事の間には同僚以外の感情があったような雰囲気ですが、みどりの事件が無ければ、みどりと大山が上手くいっていたのではないかと思うのです。

この時期に一番近い女性がみどりで、これまでのシグナルを見ていると、お互い憎からず想っているシーンがありました。ただ、この時期(1997年)にはまだ桜井刑事が刑事として活動していないので、この後に出会ったと思います。

なので、このみどりの事件を未然に防ぐということになれば桜井は長期未解決事件捜査班にはいなかったかもしれません。

 

[clink url=”https://doramemo.com/signal1-hannin”]

 

[clink url=”https://doramemo.com/signal-cast”]

 

シグナルの動画を無料で観る方法

これからラストに向けて盛り上がりを見せるシグナルのお話しを無料で観る方法があります。

それは、シグナルを作っている「カンテレ」の関係会社「フジテレビ」が作っているFODという動画サイトです。

・昼顔
・リッチマン・プアウーマン
・コンフィデンスマンJP
・モンテクリスト伯
・いつまでも白い羽根
・コードブルー
・隣の家族は青く見える
・海月姫

このドラマのストーリーが気になった場合には、韓国版の「シグナル」もラインナップされているので、ぜひ試してみてください。

 

登録はカンタン!1~2分で完了します!

 

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

 

無料期間内に解約をすれば、料金は発生しません。

特徴
・フジテレビの動画が豊富で独占タイトルが5,000本以上
・FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題
・15万冊以上のコミックがある(いつもなんらかの無料コミックが用意されている)
・ポイントがあり、最大1200ポイント貯めれるのでそれを利用して無料動画やコミックを買える

 

登録はカンタン!1~2分で完了します!


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

まとめ

今回の事件では、過去の大山刑事の名前が2018年に何度も出てくるという場面がありました。犯人の父の田中修一、そして、北野みどりの年老いた父親。

それぞれ人の親なんですが、大山のことをちゃんと記憶していて、三枝が無線機で語ったことで未然に事件をふせいだり、共通の犯人と接触したりと共同作業だったワケです。

大山の活躍があったからこそ、20年以上たった2018年に事件が解決し、それぞれの想いがつながった瞬間でもあります。

これから、もっと大きな事件の渦に大山と三枝は巻き込まれていくんですが、どうなるのか楽しみになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です