SUITS / スーツ(ドラマ)第6話ネタバレ感想!ハッカー(佐久間由依)が可愛い!

天才肌の敏腕弁護士と過去にいわくがあるものの、記憶したものは忘れないという弁護士見習いが相棒となり事件を解決していくSUITS / スーツ。

誰ともかかわらない孤高の弁護士だった甲斐正午(織田裕二)が鈴木大貴(中島裕翔)と出会ったことで変化してきました。

SUITS / スーツ第6話ネタバレと感想です

 

スポンサーリンク

 

SUITS / スーツ第6話ネタバレ

内海財団から20億の依頼

甲斐は、幸村(鈴木保奈美)に呼び出されある乗馬クラブにやってきました。

そこで、紹介されたのは、内海財団の会長の内海真須美(ジュディオング)でした。内海は、弁護を頼みたいと幸村に依頼していたのです。

それは、轟フィナンシャルから依頼されインドネシアへの投資をしたが失敗。20億円の投資は1円も帰ってこないのはあまりにもひどいと幸村に相談をしていました。

内海財団は世界中の恵まれない子供たちへのサポートや被災者支援をやってきた。もし回収できなければ難民プロジェクトも頓挫する・・・。

難色を示す甲斐に幸村はチームだったらできるのではと蟹江(小手伸也)を呼びこみ甲斐と二人で力を併せて事件解決をするようにと提案しました。

「蟹江は、轟フィナンシャルが隠し資産を海外に移したって情報をつかんだらしいわよ」

そういうと甲斐は嫌~な顔をしながら蟹江を見ました。

 

張り切る蟹江

蟹江は、事務所に戻ると優秀な鈴木に指示を出しました。しかし、鈴木は甲斐の仕事で手一杯、そして甲斐の指示なしに仕事はできないと断ると、蟹江は甲斐と今はチームを組んでいるから構わないと反論。

自分のアソシエイトには足を引っ張られてばかりだと、本人の前で嫌味を言いました。甲斐はその場に来て、鈴木にはほかの仕事を担当させるとキッパリ。蟹江とはまた意見が合わず言い争いになります。

「俺はエースならお前は球拾いだ!グローブでも磨いておけ!」唖然とする蟹江。

その日は、轟フィナンシャルの経理部長がやってくる日・・・。蟹江はそう叫びますが、甲斐は待たせておけ!と一言・・・。

 

鈴木への仕事の依頼

アテナリゾートの藤原一輝(大澄賢也)の大学院生の娘が、自分の会社の社員証を偽造社員証を作って会社に侵入した。その理由や真相を調べてほしいとの依頼で甲斐は全てを鈴木に任せることに。

会議室には、轟フィナンシャルの経理部長と会社の弁護士がやってきていました。蟹江は、待たせておけと言われたにも関わらず、その場に入って行き、高圧的に話をし始めます。

内海財団は、世界の貧しい子供たちを救ってきたがそれができなくなったのは、あなたの会社が内海財団のお金をだまし取ったからだ!とまくし立てました。

その場の緊張で持病で苦しくなった小堺経理部長は水を要求しますが、蟹江は水を拒否し、さらにつづけました。

小堺部長はその場で倒れ担架で運び出されたうえ、ビル内で亡くなってしまいます。

 

揃わぬ足並み

小堺部長は肺塞栓症という持病を持っていた、だから蟹江が問い詰めたせいではないと幸村は言うと蟹江は少し落ち着いた様子になります。

嫌味を言う甲斐に蟹江は、小堺部長は原資を説明できなかったから厳しく追及するのは当然だと。

時間厳守という蟹江に、甲斐はじらせて焦らせる作戦だったのに!と反論。当事者が亡くなったらどうやって詐欺行為を立証するのか・・・甲斐は考え込みます。

幸村は、蟹江に席を外すように指示・・・

「蟹江は、ここでは誰よりも金融犯罪に詳しいの、行き過ぎがあったかもしれないけど、彼の意見も尊重してあげて」
「俺一人でなんとかしますよ」
「何とかなるんだったらあんたたちを組ませてない!」

 

親離れ

鈴木が甲斐のところにやってきて、仕事の報告をします。

藤原の娘は、社員証の偽造だけではなく、指紋認証の必要な場所まで侵入していることがわかったんだと言う。

機嫌の悪い甲斐は、途中経過は必要ない結果だけを持ってこいと。

「そろそろ親離れしてくれよ・・・」

 

藤原一輝の娘・華名

鈴木は、大学院の研究室で研究をする華名の元に行きます。父親から頼まれたのかとそっけない態度をとります。

華名は、父親の会社の経理部に入り込み、1億円以上のお金を別口座に移していました。

「だから・・・?、最初に違法行為をしたのはあいつの方よ」

人工500人の島にリゾートホテルを建ててどれだけ環境破壊が進むのか華名は心配しているんだと言う。しかも、ホテルを建てる前のデータを改ざんしてあるのは立派な詐欺だと言い張りました。

環境予測の内部データを見せられ、鈴木は華名がハッカーをしているのではと詰め寄ります。

逮捕されるかもというと、華名は父が娘ということではなく新株を出す前だからもめ事は絶対に起こさないという話をしました。

お金はその島の住民に還元するつもり・・・。

 

轟フィナンシャルの提案

轟フィナンシャルの社長が弁護士2人を伴って幸村・上杉法律事務所にやってきました。甲斐と蟹江に内部資料を手渡し、あっさりと横領の事実があっんだと認め、それは小堺部長ひとりでやったこと。

自分も騙されていた・・・、そこで和解をしたいので社長の個人資産3000万円で手をうちたいと言い出したのです。

甲斐は、却下・・・

「作り話をするんだったらもう少しましな嘘をついたらどうです?」

小堺が香港に移した金は、妻が株取引で儲けた金でただの節税・・・。

 

父と娘の対決

鈴木と藤原そして華名は話し合いをしていました。娘の華名は、環境の研究をしているのに父がそれで金儲けしていると断罪します。父の一輝もとうとう、娘を犯罪者だと言ってのけ険悪なムードに・・・。

盗んだ金は大事な従業員の金なんだ!と声を荒げると娘もあれは島の人のために使うと言い争いになります。

「いつも逃げてばっかじゃん!お母さんが死んだ時もそう!!」と華名は言うとその場を去っていきました。

 

依頼者 内海の憂鬱

内海は、事務所の現れ、和解を受け入れようかと悩んでいると言い出しました。

「それはできません!」
「それはできません!」

声を合わせて言う甲斐と蟹江。

必死の説得に、内海も折れますが、もし長期化するのなら手を引くとキッパリ。

 

小堺の妻

小堺のお墓の前で、甲斐は妻と話していました。轟フィナンシャルが罪をご主人にすべてなすりつけようとしていると。

内海の依頼を受けて動いているはずの甲斐を不審に思いますが、甲斐は私の敵は轟フィナンシャルなんだと、小堺の妻に告げ、証人にさせるように仕向けます。

ちょうど、その場に蟹江が花をもってやってきました。

すると、風向きが代わり、妻が夫を死に追いやった男に平手打ち・・・。証人の話も全て蟹江のせいで無くなってしまったのです。

 

蟹江の提案

蟹江がランニングをしていると、轟フィナンシャルの気弱そうな若い弁護士米倉とすれ違いました。蟹江は後を追いかけ、轟のような詐欺師と付き合っているとろくなことはないと力説します。

私なら君を救うことができる・・・。

 

鈴木の正体を暴く華名

鈴木が残業をしていると、華名が勝手に入ってきていました。

「このファームに偽弁護士がいるって聞いたんで顔を見に来たの」

ハーバートの卒業声明文にアクセスしたら、鈴木大輔はいたけど、全くの別人だった・・・。鈴木大貴でしょ?と言い、これをバラされたくなかったら自分のことから手を引いてほしいと交換条件を出してきたのです。

 

蟹江のミス

朝、甲斐の前に蟹江が突然現れます。

「今日から私がチームリーダーだ!」

すると、轟フィナンシャルの米倉が、蟹江に説得され強力をすると言い、裏帳簿をもって来たのです。内容を確認した上で、甲斐と蟹江は、もう一人の弁護士を呼び問い詰めました。

インドネシアの火力発電という話は最初から嘘っぱちだったと力説し、20億の返済を要求します。

しかし、実は社内で噂が流れていたために作られた嘘の資料だったと弁護士は言い、横流ししたのは米倉と断定した上で責めました。すると米倉は、蟹江に脅されたと言い出したのです。

小堺の件がある蟹江はぐうの音も出ません・・・。相手弁護士は和解金を前回の半額でと強気で主張しました。

幸村の部屋ではまた甲斐と蟹江が言い争いをすると幸村はあと1日で何とかしろと命令をします。

 

藤原の決意

鈴木は藤原の会社を訪れていました。娘に謝罪した方が良い・・・と提案すると一輝は拒否。もうこれ以上見過ごすことはできないととうとう娘を訴えると言い出しました。

鈴木は、藤原のことを報告すると甲斐は、3年前にあの親子と会った時の和やかな雰囲気を見ていて、決して親子で争うような家族ではないと言います。

鈴木は、ふと藤原の事務所で過去の家族写真に母親の姿があったことを思い出しあるアイディアが浮かびます。

それでも内海財団の仕事を手伝えという甲斐に鈴木は、いい加減子離れしたらどうですか?と返しました。

 

藤原家の真実

鈴木は、華名の元を訪れ、華名が父に反抗的なのは、母親がガンで闘病中に父はリゾートホテルの開発で忙しくして何もしていなかったから。しかし・・・、実はリゾートホテルを建てたいと言い出したのは母だったという真実を語ったのです。

母がリゾート開発を望んでいたので、ガンが発見された時に父は生きているうちに実現させようと必死になっていたんだと。

そして、華名にそのことを言わなかったのは、真実を知ったら母のことを憎んでしまうかもしれないという父の心配から、そして自分が悪者になっていようと決心したからだった。

華名はその話を聞いて涙を流しました。

 

頼りになるハッカー

鈴木は華名に、轟社長のクレジットカードの明細をハッキングしてもらいます。金の流れを見ると破産する人間とは思えないくらいの豪遊をしていたのです。

甲斐は、華名に轟フィナンシャルの帳簿のハッキングをしてもらうと

19億2741万5938円・・・轟がシンガポールに移した金額は内海財団から巻き上げたものとほぼ同額・・・。

シンガポールに100以上ある銀行をどうやって調べる・・・と悩んでいると蟹江は、開示請求に応じた銀行は避けるだろう・・・と専門家らしい分析をしました。

サラサラとチェックを入れて残りの8行に的をしぼれば良い。

そこから、同じ金額になるような組み合わせを一晩かかって探し出します。

その夜、蟹江のアソシエイトが、盗み聞きした鈴木の秘密を幸村の机の上に匿名の手紙を置きました。

 

甲斐と蟹江のチーム

甲斐と蟹江は轟フィナンシャルに乗り込み、調べ上げた資料を社長に突き付けます。すべての帳簿と入金記録を目にした相手側の弁護士は、違法なやり方だと言うと蟹江が吠えました。

隣で笑いをこらえられない甲斐・・・。

社長は、観念し金は返すと言い出しました。

 

鈴木の秘密が明らかに?

蟹江のアソシエイトがこっそり幸村に渡した書面の内容で呼び出された鈴木・・・。ハーバード大学が偽証だったのかと聞かれるもなにも答えらえません。

幸村が再度PCで確認すると、なぜかその人物は鈴木の顔写真が載せられていたのです。それを見た幸村は手紙が間違いだったと結論づけました。

その操作をこっそりとしたのは、華名だったのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

第6話は、よくも悪くも蟹江が活躍するストーリーでした。一匹狼の甲斐も、鈴木をアソシエイトにすることで他の人との調和を(ほんの少し)考えるようになったようです。

鈴木もまた、甲斐のパートナーとして成長しつつあります。

幸村が、甲斐を心配してアソシエイトをつけたことがきっかけで、お互い成長しまたよいライバルとなっていくのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です