menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

SUITS / スーツ(ドラマ)第7話ネタバレあらすじ!大輔(中島裕翔)の替え玉受験がバレる?!

 

少しぐらいは強引なことをしてでも勝利にこだわる敏腕弁護士と甲斐と過去を隠して弁護士事務所に入った天才が相棒となり事件を解決していくSUITS / スーツ。

誰ともかかわらない孤高の弁護士だった甲斐正午(織田裕二)が鈴木大貴(中島裕翔)を認めてお互い信頼が出来つつあります。

SUITS / スーツ第7話ネタバレとあらすじです

 

 

スポンサーリンク

 

SUITS / スーツ第7話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。

そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。

『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。

大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。

事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。

甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

出典:フジテレビ「SUITS/スーツ」

 

大輔の最大のネックは、彼の過去・・・。甲斐はそのことを知って鈴木に助け船を出すことがありますが、当の本人が出現するというとんでもない展開。

日本で実際そんなことができるのかはわかりませんが、考えただけで気まずい雰囲気になりそうですね。過去に何度も替え玉をしていた鈴木は、いずれ同じ方向に進んだ人間ともどこかで出会うことになるのでしょう。

 

SUITS / スーツ第7話ネタバレ

5つ星ホテル

甲斐は桜庭リゾートの桜庭に呼び出されていました。それは、13のホテルを作った桜庭が次に目指しているのは世界に展開しているkjoグループとの合併の。

社長でアメリカ人のジーンクラインから声がかかったんだと社長は乗り気ですが、甲斐は慎重です。社長が作った独創性やブランド価値まで飲み込まれる可能性がある・・・。

しかし、すでに結論が出ている社長は、甲斐に応援を頼みます。

そのころ、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)は司法試験のことで悩んでいました。ちょうど通りかかった鈴木は浮かない顔の真琴に声をかけると、真琴は試験が苦手なんだと答えました。

そんな真琴を鈴木ははげまします。

 

顔合わせ

桜庭は、甲斐と玉井(中村アン)を招待して食事をしていました。そこに呼ばれたもうひとりの男は、kjoグループの弁護士としてやってきた甲斐にとっては因縁の相手、木次谷弁護士でした。

木地谷は元いた弁護士事務所から大手の弁護士法人セイントに移籍したばかり・・・。

夜、鈴木と真琴はレストランで試験の勉強をしています。真琴が問題を解いて鈴木に見せると鈴木は真琴の弱点を指摘しました。あきらめ気味の真琴は早々に話を終わらせ、ビールを頼んでしまったのです。

真琴の父は優秀な弁護士でアメリカでもトップとなった。真琴は、いずれ弁護士になって父のファームで働きたいと思っていたが、父がプレッシャーになっているんだと。

そして、その父が今週帰ってくるがパラリーガルとしてどんな顔をして会ったらいいのか考えると気が重くなると語ったのです。

 

事務所の面接

そのころ、幸村・上杉法律事務所では新しい弁護士の採用面接が行われていました。そこに現れた町田日向子(石橋静河)を見て鈴木は驚きます。

町田と真琴は知り合い同士、仲良く話しているところを見て鈴木は悩みます。

なぜなら、2年前に町田の代わりに試験を受けたのが鈴木だったから・・・。悩む鈴木に、甲斐は自分からバラすようなことはしないだろうと言い取り合ってくれませんが、鈴木は落ち着きません。

鈴木は真琴に町田のことを聞くと大親友だと言う。

 

幸村・上杉法律事務所とセイントの因縁

甲斐が、桜庭とkjoの合併の相手に弁護士事務所のセイントが絡んできていることを幸村に報告しました。幸村は仕事だからと割り切りますが一言釘を刺します。

「セイントのいいようにされることだけはないわよね?」
「もちろんそのつもりですよ・・・」

甲斐は木地谷との合併交渉に鈴木を連れていくことになりました。鈴木は木地谷の息子の替え玉もしたこともあるので慌てます。しかし甲斐は、その方が相手にプレッシャ-を与えることができると強引に連れていくと言い放ったのです。

そして鈴木がkjoグループのタイの営業が一時止まったことがあったという調査に基づいて調べるように指示をしました。

 

真琴の父、セイントの代表

セイントの事務所の会議室に、甲斐と鈴木そして桜庭が向かいました。対応した木地谷は甲斐の目論見通り鈴木を見て神妙な雰囲気・・・。しかしkjoの社長と一緒に現れたのは、聖澤敬一郎(竹中直人)。セイントの代表である聖澤が合併の話合いをすることになっていたのです。

この男こそ真琴の父親・・・、嫌味いっぱいに甲斐に話しかけました。聖澤は、合併の提案内容を甲斐に手渡しますが、それをみた甲斐は突き返します。

内容は、kjoに有利で桜庭リゾートの従業員の補償もなく名前すら入らない乗っ取りのようなもの。

対等でない話は飲めないと甲斐がいうと、聖澤は規模が違うことで対等にはならないと強気に言います。

世界での規模からすると桜庭は小さなもの、桜庭をkjoの役員として迎えることでお互いwinwinとなると聖澤がいうと甲斐は会社は規模だけで決まるものではないとどちらも譲りません。

交渉決裂・・・というと甲斐たちは帰っていきました。

事務所に戻ると桜庭から多少不利な内容でも合併を進めてほしいという旨の連絡が幸村に直々に入っていました。

 

幸村・上杉法律事務所の内情

鈴木は聖澤の言った言葉が気にかかり、玉井に事情を聞いていました。すると、玉井はファームが上杉という名前があるが、本当は幸村が追放したことを告げます。

上杉は聖澤の大学の同期で親友だったことも。

幸村もまた、そのことで聖澤が合併に関して相当不利な条件を突き付けて幸村の事務所の力を試しているのではないかと甲斐と話していました。

そして、新体制にするために甲斐をシニアにすることも・・・

ちょうど、蟹江がそっとその話を盗み聞きしてしまっていたのです。

 

密会

真琴は、聖澤と久しぶりに会っていました。セイントに戻ってこいという父に今の場所に不満はないという真琴・・・、まずは司法試験を絶対に受かって見せるという真琴に聖澤はそれならと安心します。

店を出て二人は別れますが、店員が真琴に父が忘れていったハンカチを手渡しました。慌てて父のもとに向かう真琴の前に蟹江がなにやら資料をもって聖澤に手渡す姿・・・。

蟹江が乗ってきたタクシーにふたり乗り込み話をしていました。

 

町田の告白

町田と真琴は近くの食堂で食事をしています。町田は、3つの弁護士事務所で不合格となり落ち込んでいました。私に弁護士なんて無理という町田に真琴は司法試験受かったのにというと「そうじゃない」「私受かってない・・・」と語ります。

甲斐の部屋では、鈴木がkjoのジーン社長と桜庭社長はお互いSNSで一緒にいるところの写真を公開したのを見ていました。ふたりのフォロワーは併せて300万人・・・、既成事実化をさせてしまおうとしている魂胆が見え見え・・・。

そんな時、町田が鈴木に電話をかけてきます。それは、司法試験の替え玉・・・、試験が苦手な友人と聞くと真琴のことだと直感。家に帰って谷本砂里(今田美桜)にそのことを語ります。

やや真琴の気持ちになっている鈴木にさりげなく釘をさす砂里・・・、そんな砂里の元にもまた兄から大輔ともう一度やり直したから口をきいてくれという連絡が入ってきます。

鈴木はファームで真琴を顔を合わすと、町田の電話が思い出されて悩んでいました。

 

kjoのタイの横領事件

kjoグループのタイでの不穏な事件を問い合わせていた鈴木に返答が帰ってきました。タイのマネージャーの横領事件がありそのことを伏せているということを桜庭に伝えます。

甲斐はその話をネタに桜庭の合併話を有利に進めることができるかもしれないと語りました。

 

幸村と聖澤の対決

幸村が車に乗ろうとするところに聖澤が現れ、合併のことで甲斐が桜庭の名前を残したいと躍起になっていることを語ります。桜庭が世界に目を向けているのに弁護士同士が意地を張り合っても仕方ない・・・

幸村は、一歩的な合併要件を突き付けてきておいてと反論。

上杉のことも語り始めた聖澤に幸村は休職だとキッパリ言い放ち笑顔で別れます。

 

甲斐の合併交渉

甲斐は新しい合併の要求を持ち聖澤の元にいきました。ホテルのすべてに桜庭の名前を残すなど有利な内容に聖澤は憤慨します。甲斐はアジア統括マネージャーの横領事件を持ち出し交渉を始めます。

これから桜庭リゾートの4つのホテルが5つ星になる・・・日本の優良ホテルがkjoグループの再建をするというと聖澤はあっさりと了承しお互いの資産状況を交換したのです。

 

敵対的買収

町田は、真琴に自分が替え玉で司法試験を合格したことを話し、真琴にも紹介をすると言いました。町田が指定した待ち合わせ場所に真琴が行くと、その姿を遠くから鈴木が見ています。

鈴木は偶然を装い、真琴に話しかけ「もっと自分を信じてもいいんじゃなかな・・・」と。

「聖澤さんに必要なことはただ自分を信じること・・・」

桜庭社長の部屋では、株価をにらんでいました。なぜか急騰してしまっている桜庭リゾートの株価に不安を隠せません。鈴木が調べるとkjoグループがダミー会社をたくさん作って買いあさっていたものだったのです。

それは、合併に見せかけ資産状況を甲斐から受け取ったのもその作戦のため。しかも、インサイダー取引にならないスレスレで行動を起こしていました。

 

最後の奇策

ホテルから出てくるkjoのジーン社長と聖澤の元に甲斐と鈴木がやってきました。手にはある契約書類・・・。内容は、桜庭リゾートは東京・京都・金沢・沖縄の4つのホテルを売却するというもの。

桜庭もだまし討ちで乗っ取られるくらいなら売却に応じるという話しと共に、kjoのライバルの森久グループだと言うと聖澤の顔色が変わりました。

ジーンと聖澤は耳打ちをし、合併の話にもどせないかと言い出しました。あっけなく断る甲斐にとうとう聖澤は頭を下げました。

「だまし討ちをするような会社に主導権は渡せない」

 

真琴のだまし討ち

真琴は鈴木を昼食に誘います。二人で入ったのは行きつけの三宝食堂・・・。そこで真琴が切り出したのは替え玉の依頼の場所に人が来なかったこと、そしてなぜか鈴木だけが来た事・・・。

鈴木はごまかしているとそこに真琴が呼んだのは町田でした。

町田は鈴木に親し気に「大さん」と呼んだことで真琴の予感は的中したのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

甲斐は非常にクールな人間なので、自分の得にならない人間にはおそらく情をかけないでしょう。過去のことを知って鈴木のことをかばっているので甲斐にとって鈴木は、「相棒」ともいえる人間。

鈴木は甲斐が認める才能や価値のある人間だということになります。

鈴木も境遇が不幸だったために、それしかやることがなかったが、甲斐という目標を得て甲斐の考え方ややり方をうまく盗んで成長していっています。

ただ、鈴木の過去が今後ふたりの人生にどんな変化をもたらすのか気になります。

 

スポンサーリンク

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ