高嶺の花第2話のあらすじとネタバレ感想!千葉雄大がまさかの悪役?宇都宮隆一とはどんな男?

月島もも(石原さとみ)の結婚破談から始まったストーリーは、意外な人物との出会いで運命の方向が変わりつつあります。結婚相手に裏切られ、それでもあきらめきれなかったももは、相手の前に現れてストーカーだと通報されるほど。

身も心もボロボロだったももですが、偶然行くことになった自転車屋で、まったく畑違いの男、風間直人(峯田和伸)と出会ったのです。

高嶺の花第2話のあらすじとネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”takanenohana1-netabare”]

 

高嶺の花第2話のあらすじ

月島流の大切な行事に登場し、見事な作品を創り上げたもも(石原さとみ)。彼女のもとに直人(峯田和伸)から電話が来る。直人は、ももをキャバクラ嬢と勘違いした幸平(袴田吉彦)と太郎(吉田ウーロン太)にそそのかされ連絡してきたのだ。

ももは話を合わせて、店に来て指名してほしいと直人に頼む。

ももが急いでキャバクラの面接を受けると即採用、やって来た直人たちをキャバクラ嬢として接客する。酔った勢いも手伝って、ももと直人は急接近!

第1話では、ぷーさんの行きつけのスナックにいた常連に、ももは第一印象でキャバクラ嬢だと勘違いされてしまいました。ももは、結婚破棄のショックから、自律神経をやられていて、味覚もなくなってしまったほど参っています。

ずっと、高飛車というよりも投げやりな態度をとっているんですが、この商店街の人たちは、ももが何者か知らないのに温かく迎え入れるんです。

本来なら、月島流の跡取りで、才能もある人なので、普通ならキャバ嬢にはならないでしょうが、若干気持ちが振り切れてしまっているので、なんでもアリなんでしょう。

 

そんな中、ももは吉池(三浦貴大)と会うことになる。吉池はももに、妻を愛していない、君とつき合いを続けたいと訴えた。ももは身勝手な吉池の懇願に本当は心揺れながらも、婚約指輪を返して拒絶する。

なにを今更・・・(;´・ω・)

前回、ももの行動に神経質になっているのは吉池の妊娠中の妻だというシーンがありました。ヒステリーを起こす妻に吉池は困り果てていましたが、なんとも悪い男ですね。

 

そしてその足で自転車店を訪れ、「私たちつき合うことになったの」と、直人との交際を一方的に宣言する!「からかわないでください」と直人は驚き戸惑うが、ももは、強引に交際を迫って――。

ももの気持ちの中で、吉池とのことは全く終わったことではないのでしょう。

心の底でまだ好きだという気持ちが残っているところに、相手から復縁をにおわされたら、この行動も仕方ないのかなと思います。

ただ、直人にとっては、大迷惑ですが・・・。

 

スポンサーリンク

 

千葉雄大演じる宇都宮隆一とは?

千葉雄大さんと言えば、線の細さや物腰の柔らかさから比較的、優しい人の役が多かったような気がします。

朝ドラ「わろてんか」の病弱な兄とか、「もみ消して冬」のかわいい執事とかのイメージがとても強かったんですが、今回の、宇都宮隆一は今までの千葉さんのイメージをガラリと変えるような違うタイプの男性です。

月島流に対抗するような「新興流派」の台頭となる男で、彼にとって華道とはビジネスでしかありません。

しかも、月島家の娘2人のどちらかと縁組をしようとしている男。

もちろん愛はなく、あくまでビジネスのためなんです。

 

千葉雄大さんのプロフィール

生年月日:1989年3月9日
出身地:宮城県
血液型:O型
身長:173㎝
趣味映画鑑賞 音楽鑑賞 イラスト

 

『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ 』
『ReLIFE リライフ』夜明了役 
『亜人』 奥山役
など

 

[clink url=”takanenohana-rokechi”]

 

高嶺の花第2話のネタバレ感想

なんだか不思議な2話でした。見てて面白いんですが、先が見えないというか・・・。

ぷーさん(峯田和伸)がボロボロになった、もも(石原さとみ)の暴言もその存在すべて受け入れている感がありますが、まだふたりは惹かれているのかどうか微妙なところ。

ももが、抱えているものが恋人だけではなく、家元の問題もありなかなか表に出てこない。

今はまだ、正体を隠してキャバ嬢だと商店街の人たちは思っているんですが、直人はすでにももの中になにか深いものがあるのはわかっています。

そんなところに、半年前に別れた元結婚相手がももに連絡を取り、さらに、妻を愛してないからまたこれからも会いたいと言う。

ももは、相当な未練があるもののその場できっぱりと別れる意志を示します。

その直後、直人の恩師にも間に入ってもらい、直人と付き合うと言いに行くんです。

ま・・・当然、突然こられた直人は、こんな美人が金もなにもない自分に言い寄るのには裏があるって思うんですが、ももも引っ込みが付きません。

さんざん、話をした挙句、煮え切らない直人にビンタをし帰っていきました。

ただ、これも直人が仕向けたもの。心が弱っていたが、他人をブツほど元気が出たと喜びます。

月島の家には、宇都宮がじわじわと詰め寄っていました。

月島流の舞台で、ななが緊張でなにもできなかったのに対し、その後に出てきたももは、見事に花を活け客席の拍手をかっさらったのを見て、ももと血のつながりのない継母ルリ子は焦ります。

ルリ子にすれば、次期家元にはななにしたい。

しかし、才能や今の状況をみればももに行ってしまうのを恐れ、宇都宮と手を組もうとするのです。

宇都宮は、その話を聞き、まずはななの母親であるルリ子に目をつけ関係をもち、ルリ子からななの性格を聞き出しました。

ある日、ななの前に現れた宇都宮は、嫌がるななに近づこうとします。ルリ子から聞いていたななの少女的な発想、「運命」というワードをうまく利用し、ななが「生まれ変わり」と言うと、目の前で突然倒れます。

ななは、その日から宇都宮が気になりだし、ステージにまで行くようになりました。

宇都宮のテクニックは、これまで何不自由なく生きてきたななを乱暴に突き放すこと・・・。ななは嫌がりながらも惹かれてしまっています。

ももは、商店街の人たちが参加する夏祭りにふらりと出ていくと、直人が太鼓をたたいていました。

一緒に舞台に上がるとバチを渡され一緒に太鼓をたたきます。

すると、これまでのことが思い出されももは涙を流しました。その姿を見て直人はももに、忘れるのはカンタンだと

 

[clink url=”takanenohana-cast”]

 

これまでのネタバレとあらすじ一覧

第1話
第2話
第3話

まとめ

揺れ動くももの気持ちを直人がどう受け止めるのかがポイントになりそうな2話。元結婚相手の吉池がそばにいる以上、ももの気持ちは穏やかになることはなさそうな気がしますが、宇都宮隆一の出方によっては、ももはさらに難題に直面しそうです。

ただ、1話を見る限り直人のキャラがとにかく「癒し系」で、なんでも許してくれそうな野心もない普通の男。

ももにとっては、ストレスの元だった上流階級のいやな部分を全く見ないで良いという点では、現時点で、この直人が一番パートナーとしてふさわしいんじゃないかなと思います。

前回、突然「いい女~~」と本人の前で言っちゃってましたが、こんなとんでも発言も違和感なく聞ける峯田さんのキャラは、やはり適役だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です