高嶺の花の第5話の感想!吉池(三浦貴大)が市松を襲撃でサスペンスに!

月島もも(石原さとみ)とプーさん(峯田和伸)がとうとう結ばれました。なな(芳根京子)に家元を継がせようと市松(小日向文世)に挨拶に向かいます。

今回は、ななのしたたかさと吉池の愚かさが目立った回でした。

高嶺の花第5話の感想とあらすじです。

 

スポンサーリンク

 

高嶺の花の第5話あらすじ

もも(石原さとみ)と直人(峯田和伸)は一夜を共にし、恋人関係を深める。家族に紹介するため直人を月島家に招いたももは、市松(小日向文世)に、直人と結婚するのでなな(芳根京子)を次の家元にしてほしい、と告げた。

直人は唐突な結婚話に戸惑いながらも、ももの意を汲んで話を合わせる。市松は、自分に背くなら破門にするとももに言い渡した。

一方、ななは、龍一(千葉雄大)が自らの母・ルリ子(戸田菜穂)と密会を重ねているとは露知らず、龍一への思いを深めていく。ももは龍一に会いにいき、家元になるななを守ってあげてほしいと頼んだ。

そんな中、吉池(三浦貴大)が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせて逃亡する。慌てて病院に駆けつけたももに、市松は、ももの知らない母親の話を始めた…。

出典:日本テレビ「高嶺の花」

高嶺の花の第5話の感想

 

スポンサーリンク

 

まとめ

最初は、吉池なにやってんのー!って思っていたんですが、いろんな感想を見ていくと市松の狂言説が個人的にはしっくりいくなと思いました。

ただ、ももの元婚約者の吉池というヤツは、本当にダメ男だった。

もう、妊娠した真理子と結婚するって決めのに、あーでもなおこーでもないって変な勘ぐりをして、またももに甘えてくるって最低の男。

ももは、ラストに抱きしめられ何とも返事をしなかったので、本心はどうなんだろう・・・。

ここまで、2転3転しているので、もしかするととんでもないラストが待っている気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です