menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

黄昏流星群第7話のネタバレあらすじと感想!栞の病気は何なのか?

 

大人達の恋愛模様を描く黄昏流星群。基本的には、人生終わりにさしかかった男女の恋愛が中心に進んでいきますが、原作の漫画とはまた違った設定もある今回のストーリーも話題です。

黄昏流星群第6話のネタバレとあらすじ感想です。

 

 

スポンサーリンク

 

黄昏流星群第7話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。
また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。

須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。

出典:フジテレビ「黄昏流星群」

 

春輝(藤井流星)は、美咲と結婚話を進めながら、今度はそのお母さんを誘っていますね。ここに出てくる人は年齢差が大きい恋愛が好きなのかなんともスゴイ展開になってきました。

 

目黒栞(黒木瞳)の病気は何?

第6話で、栞が少し具合の悪そうな表現がありました。おなかを押さえるようなしぐさだったのですが、何か病気なのでしょうか・・・。

ここからはネタバレとなりますので、知りたくない方はこの先を読まないでください。

原作でも、栞の具合が悪くなります。

それは、「妊娠」をしてしまうこと・・・。なんとあの完治の子供を身ごもってしまうんです。年齢も年齢なので産んで1人で育てる決意をして完治に伝えますが、完治はあまり乗り気ではない・・・。

しかし、栞は雪の日に足を滑らせてこけてしまい流産をしてしまいます。(ここの原作の描写もかなりエグイです)

ドラマではそこまで直接的な表現はないでしょうが、近い内容になるかもしれません。ただいくら若いとはいえ黒木瞳さんが妊娠というのはツッコミが入りそうな気もしますね。

 

黄昏流星群第7話のネタバレ

水原(八木亜希子)と須藤(岡田浩暉)が完治(佐々木蔵之介)のお見舞いにやってきました。そのころ、春輝もまたこっそりと真璃子へ電話を入れまた連絡をしていいか?と聞きました。

「だめです・・・」と真璃子はキッパリ。

 

完治のアイディア

完治はケガが治り、荻野倉庫に戻ってきます。入院中から考えていた「想い出ボックス」のサービスを川本(礼二)に提案してみますが、川本は怒りながらもケガを負わせたこともありしぶしぶOKします。

完治は初めてのホームページを立ち上げたりしながら営業にも歩き、ぼちぼちと良い反応も見られました。

食堂に行くと、栞(黒木瞳)がいますがなかなか会えないのでラインを送ります。ひとり残業をする姿を遠くでみる栞・・・。栞は声をかけず、そのまま帰ろうとすると完治が声をかけてきました。

栞は生き生きとする完治に少しまぶし気な顔をし、すぐに帰ってしまいます。それは、完治の入院先に駆け付けた時、偶然出会った娘の美咲に父と別れてほしいと言われていたから。

 

完治の仕事

真璃子は家でパンを作っていました。娘がごはんはいらないとメールしてきたことで、ふと春輝の「美咲には他に好きな人がいる」という言葉が頭に浮かびます。

完治が遅くに帰ってくると、忙しいと言いながらも充実している様子に「仕事が好きなのね・・・」と語りました。

毎日、頑張る完治に、社員の見る目も変わってきたのです。

 

美咲の逆襲

真璃子は美咲にずっと気にかかっていた「好きな人」のことを聞いてみます。美咲は母親が知っていることに驚きますが、もう終わったことだと言います。

条件よりも大事なことがある・・・それは美咲の気持ち・・・。

すると美咲もまた、真璃子に向かって、自分に正直に生きているのかと問いました。お父さんとお母さんを見ているとイライラする・・・結婚でこんなものなのかと気持ちが萎えてしまう。

ふたりで理想の夫婦を見せてほしい! 完治の浮気を知っていて知らないフリをしている真璃子にも美咲はいらだっていたのです。

「本当に好きなの?!」

真璃子もまた、その言葉に傷つき声を荒げました。美咲と家族でいたいから、あなたのためを思って・・・と言うと、美咲は言い訳だと。

美咲は、自分の部屋で戸浪との旅行の写真を見ていました。

 

想い出ボックスの成果

新しい機械を購入したと川本は事務所で大声で怒っていました。責任は私が持つ・・・完治はそういうとがぜん火が付いたようになります。仕事をひとりでする完治を遠目でみていた栞・・・、頭には美咲の言葉が刺さっていました。

夜、栞はひとりで残業する完治のもとにやってきて仕事を手伝うと、完治は運動会の写真などの整理をしながら自分の過去を振り返りました。

他愛もない話をしていると栞が、携帯から申し込めたらと言い出し完治は真剣な顔になります。荷物を倉庫に持ち込もうとすると栞は月が綺麗だと倉庫の入り口まで歩いていきました。

完治と並んで月を見ていると、そこには真璃子の姿・・・仲良く一緒にご飯を食べている完治と栞がいました。

完治の努力が実り、「想い出ボックス」の評判が上がりました。ネットニュースの話題にも上り、申し込みが一気に増え社員も手伝うことになりました。

生き生きとしている社員と完治・・・、その姿を栞は目に焼き付け帰っていきました。

 

真璃子は、たくさん焼いてしまったパンを目の前にしてぼんやりとしていると完治から残業で遅くなるとの連絡が・・・そんな時、春輝が電話をかけてきたために真璃子はパンはいらないかと声をかけたのです。

美咲と一緒にいると思った真璃子でしたが、春輝は車で真璃子を家から呼び出しベンチで一緒で話をすることになります。

「夫に好きな人がいるみたい」

悩みを打ち明ける真璃子・・・・あたりを見渡すと観覧車があり春輝と真璃子は一緒に遊びに行きます。デートのような時間を二人で過ごし、春輝は家まで見送りました。

 

美咲と春輝の結納

両親が一緒にいるところに美咲がやってきて、結納を前にして「よろしくお願いします」と改まって言いました。その後出勤をする美咲に完治は戸浪とのことを言いますが、別れたと言いました。

しかし、自分のことは相手が母親が亡くなったばかりなのでもう少し待ってほしいと言います。

仕事が一区切りとなり、完治が栞の家に行くと、別な女性が出てきて、もう会いたくないと答えました。完治が家に帰ると美咲が戸浪とロンドンに行くと書置きを残しいなくなっていたのです。

 

黄昏流星群第7話の感想

ドラマって、共感する人が一人くらいいるものですが、このご家族や日野春輝や目黒栞にもあまり共感ができないですね・・・。娘も揺れる気持ちはわからないでもないけど、結納してから教授とロンドンに消えるってあまりにもひどい・・・。

そして、真璃子も春輝と会わない・・・と口では言いながらなにか期待をしているのがどうもしっくりこないし、完治においては何が不満なんじゃ!と怒りすらこみ上げてきます。

確かに新しい女性と会うのは楽しいでしょうが、どうも男の勝手な言いぐさにしか見えない。

原作は、男性が描く男性の漫画なので、主人公の周りが結構シビアで勝手な人間が多く描かれているんですよ。だから、浮気も「仕方ない」と思えたりするんですが、ドラマのようい悩む妻を美しくアレンジをすると、どれもこれもぼんやりとしてきてしまう気がします。

どうせなら、原作に忠実に妻は名誉だけの人、娘はとことんドライな女という方がよかったなと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここに出てくるキャラは全員禁断の恋に身を焦がす人ばかりが出演しています。

目黒栞 ⇒ 瀧沢完治(不倫)
瀧沢美咲 ⇒ 戸浪恭介(不倫)
日野春輝 ⇒ 瀧沢真璃子(不倫)

美咲と春輝は結婚準備中・・・

栞と完治はなんとか年齢が近いだけ、普通の恋愛っぽく見えていますが、やはり美咲と春輝のそれぞれの相手との恋愛っていびつというかなんとも言えない・・・。

原作では、さらに栞の妊娠というとんでもない問題が出てくるんですが、もうどう決着するのかわからないくらいのお話しになってきました。原作に忠実に勧めるのであれば、いろんな思いを引きずりながら結婚式が執り行われることになり、さらに完治もある決断をするのです。

ドラマ化されたオリジナル展開がどうなるのか楽しみでもあります。

 

スポンサーリンク

  

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ