絶対零度の腕時計での骨伝導って何?横山裕のバイク姿も観れる第1話のネタバレも!

絶対零度のシーズ3が始まりました。2011年に大人気だった月9ドラマで、主役が変更になったこともありどうなるのかと思いましたが新しいミハンシステムの元、資料分室のメンバーの息もあっていてすごく面白かったという印象です。

最近、刑事役が多い沢村さんですが、謎の多い元公安の刑事が見事にハマっていました。

絶対零度の第1話のネタバレやミハンシステムで利用した骨伝導など調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”zettaireid-saihousou”]

 

絶対零度の第1話のネタバレ

警視庁総務部資料分室、裏の名前は「未然犯罪捜査班」には、過去になにかしら問題があったものばかりが集められている。

リーダーの井沢範人(沢村一樹)は、とある事件で犯人らしき男に銃を向け拘留されていた経験がある。

小田切唯(本田翼)⇒犯人逮捕の時に必要以上に暴力
田村薫(平田満)⇒各部署をたらいまわし
南彦太郎(柄本時生)⇒資料入力ばかりの引きこもり

そして、山内徹(横山裕)も、教育係でバディーの桜木泉(上戸彩)が極秘捜査中に「やることがある」と言い失踪をした後、警察がちゃんとした捜査すらしないことに疑問を持ち、警察に対して不信感でいっぱいの男。

そんな、メンバーをかき集めたのが、東堂定春(伊藤敦史)。

東堂は、これまでの犯罪データやカメラなどを駆使してあらゆるデータを集積し、これから起こる犯罪を未然に防ぐためのシステムを日本で導入しようとしていました。

警察内でもごくほんの一部だけ、未然犯罪捜査班の存在を知っているだけの部署に配属されたクセのある面々がターゲットにしたのは、富樫伸生(武井壮)、リッチウエストという会社を経営しているが裏では出会い系風俗などグレーの仕事をしている男。

その共同経営者の西田と一緒に「ミハンシステム」がこれから殺人を犯すというターゲットとして割り出した。

それは、裏経路で「サイレント銃」を購入した形跡と、車で奥多摩の山に下見をしている動画と、富樫に別収入の存在が確認されたから。

山内は、それだけで犯人になるかわからないのに捜査できないと批判的。

しかし、すでに捜査になれている井沢に連れられ、西田のクラブに潜入します。

そして、ターゲットを確認すると、入り込むために井沢が酔っ払いを演じ、山内が制止し、西田に取り入ることに成功。山内は倶楽部に雇われる形で潜入することになりました。

内部の情報から、富樫がかつて使っていた麻布の事務所だと聞きつけ、井沢と田村と小田切が捜査に向かいました。

そこで、田村がピッキングをし部屋に入ると、家具の位置が不自然になっていることを井沢が見抜き、田村が鑑識の薬品を使ってみると、その場所に反応が出てきます。

つまり、すでにそこで殺人が行われていたということ・・・。

西田の車を尾行していると、二人の男を連れ去りクラブに連れて行きました。

山内は、知らないふりをしてクラブに入り込みます。

すると、西田たちは2人男たちを責め始めます。

2人の男は、総合商社勤務の須藤修一と貴金属店経営の前川健司という男だった。

殴るけるの暴行をしている最中に、警官が2人やってくると山内はその場を収めますが、西田はその姿を見てさらに山内を信頼するように・・・。

田村は、前川の事務所に客を装いカメラを設置、順調に捜査が進んでいるところに富樫が山奥で遺体となって発見されました。

最初は、犯罪を犯す側だと思われていた人間が突然遺体となったことで、山内はこれからの捜査を問題視しますが、東堂はなぜその結果が出たのか検証のために捜査を続けるように指示。

小田切は、須藤の会社に派遣として潜入。

須藤の手帳を抜き取り中身を確認すると、会社に西田がやってきました。

お茶を出すフリをして、マイクを設置・・・なにやら5000万円の行方を探している様子。

それぞれのマイクで拾った言葉を井沢が解読すると、どうやら金塊の密輸を、須藤と井沢と富樫がやっていたと結論づけました。

須藤と前川が、元々の計画を実行しようとするところを抑えようとミハンのメンバーはそれぞれ尾行をしますが、須藤の行動がおかしいことに気づきます。

仲間のはずの前川を須藤はスタンガンで気絶させ別な場所に運び埋めようとしていたのです。

須藤は自分だけでも助かろうとして西田と手をくみ、前川を殺そうとしていたのでした。道路情報などを南がハッキングをして居場所を突き止めた井沢と山内が須藤を逮捕し、西田たちは小田切が倒して事件は解決しました。

そもそも、富樫と須藤と前川は仲間として計画を実行していましたが、仲間割れをした時に富樫が出した銃を取り合ううちに暴発して富樫が死んでしまったことから事件は始まっていたのです。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”zettaireido3-cast”]

 

絶対零度で使っている骨伝導とは?

昔はトランシーバーのようなものが刑事ドラマやスパイものでは出てきていました。段々小さくなりパッと見ではわからないようになりましたが、今回の絶対零度では、なんと腕時計に仕込んだ「骨伝導」を利用したものが使われています。

ドラマの一番最初に語られていますが、見逃してしまった方は、なぜミハンのメンバーがしゃべる時に、頬杖をつくのかわからなかった方も多かったと思います。

骨伝導は、空気を伝って鼓膜(中耳)を振動させ聴覚神経(内耳)に伝わる(気導音)に対して、声帯などの振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わる(骨導音)ものである。

出典:ウィキペディア

骨伝導ってもう普通に実用化されているんですね・・・。
イヤホンとかも発売されています。

利点としては・・・
耳をふさがない
長時間聞いても耳が疲れない
屋外で装着しても周りの音も聞ける

おそらく、このドラマではずっと出てくると思いますので、注意してみてください。

 

まとめ

月9のドラマは低迷が続いていましたが、久しぶりにガッツリ楽しめそうなドラマでした。

いかんせん、山内役の横山くんが影を持つ人間として第二主役っぽい位置なんですが、普段の底抜けに明るい横山くんのイメージが強いだけに、個人的には微妙に違和感があります。

ただ、それを差し引いてもかなり面白いのでお勧めです。

 

[clink url=”zettaireido-uetoaya”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です