絶対零度3では上戸彩が失踪して降板?横山裕は最終回から続投!

今回新たにシリーズが作られ放送されるドラマ「絶対零度」ですが、主演が上戸彩さんから沢村一樹さんに変わりました。上戸彩さん演じる桜木泉が失踪したことによる主演交代のようですが、その真相はどうなのでしょうか?

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の上戸彩さんの失踪降板の噂や横山裕くんの役どころなどにも迫ってみます。

 

スポンサーリンク

 

↓絶対零度の過去のシリーズの再放送はいつ?↓

[clink url=”zettaireid-saihousou”]

 

絶対零度シーズン3の上戸彩の役どころは?

このドラマのシーズン1、2では、主演の桜木泉を演じていた上戸彩さんですが、第3弾では主演が沢村一樹さんに変わりました。これまで上戸彩さんの代表作と思われていただけに、主役交代となるとなにかあるのかと勘ぐってしまいますね。

・月9の視聴率が低迷していることによる本人からの降板
・主演を変えることによって新鮮さを出し月9の視聴率を取り戻す
・結婚、出産した上戸彩さんには月9の刑事役は大変だから

ネットニュースでは、上記のような理由が飛び交っていましたが、本当のところはわかりません。

シーズン3では、元公安の井沢範人(沢村一樹)が中心となり事件解決をしていきますが、上戸彩さんも前と同じく桜木泉役で特別出演をします。

 

桜木泉が失踪したという噂の真相

ドラマでは桜木泉は失踪したという設定になっています。

実際のところは、ネットニュースのように大人の事情が絡んでいる可能性もありますが、ストーリー的には桜木刑事は失踪し今はどこにいるのかわからない状況です。

前回の最終回では成長を見せ、上司からも「亀」と言われていた桜木も若手を教育するという一面も見せたのです。

ドラマの設定上、ベテラン捜査官となった桜木泉がある捜査をしていた時、謎の失踪をしたことになっていますが、シーズン3では物語全体の謎を握るキーパーソン的な役どころと説明がありますので、重要な事件で出てくると思われます。

 

[clink url=”zettaireido-mihan”]

 

絶対零度シーズン2の横山裕の役どころ

シーズン2の最終話で新たなキャスト・横山裕さんが山内徹役で出演しました。

泉が、ちゃんと捜査官として活動するようになってから、教育をしたのがこの山内徹です。

元は第三機動捜査隊で活動していましたが、泉の所属している特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班に異動となりやってきました。

山内は、成長してから泉とバディを組むことになり一緒に行動しますが、泉が任務中に「やらなければいけないこと・・・」と言い残しいなくなってしまったことから山内が責任を感じていますが、上層部は捜査をキチンとしなかったことから怒りをあらわにしたために資料課分室に異動となっていました。

山内徹は、設定としては桜木泉の後輩ですが、泉よりも年上です。

 

絶対零度シーズン3での横山裕の役どころはどうなる?

シーズン2に引き続き、山内徹役を演じますが、山内はとても正義感が強く失踪した元バディの桜木を1人探し続けています。
失踪した桜木を探そうとしない警察組織などに疑いを持っているので、多くの人と衝突しますが、成長して一回り大きくなった山内が見られます。

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の第1話のあらすじ

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっかけで総務部資料課分室への異動を命じられる。

資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかり。

だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていた。

それは、日本国民のあらゆる個人情報――通信記録や金融機関の出入金記録、監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトだった。

一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女の行方を追い続けていた。だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。

ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。しかし、いつ、どこで、誰を、なぜころすのかはわからない。

山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていた。「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。切り捨てられて終わりだ」。山内は、そう井沢に告げる。

そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出し・・・。

出典:フジテレビ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」

 

絶対零度シーズン1と2のあらすじ

【シーズン1】
「未解決事件特命捜査対策室」がこの物語の舞台。

その対策室にに新たに加わることになった新米刑事の桜木泉は、個性的な対策室のメンバーと衝突してばかりだった。しかも、時効目前の事件ばかりを扱う場所なので、迅速かつ丁寧に捜査する必要があり、長年たったとはいえ、心に傷を負った被害者にも寄添わなければならない。

刑事になってまだ3ヶ月という新人の桜木泉にはなかなか難しい事ばかりだったが、彼女は誰よりも心の痛みが分かる繊細な刑事だった。泉のその長所を活かし、また対策室メンバーと力を合わせ数々の難事件を解決していく。

【シーズン2】
八王子で起きた2つの事件が解決した1ヶ月後に、警視庁内の人事異動が行われ桜木泉は、捜査一課に新たに造られた「特殊犯罪捜査対策室」へと異動となる。シーズン1よりも成長した泉とバディを組んだのは知識・経験・能力がとても高い瀧河巡査部長で、瀧河巡査部長は不服ながらも泉を厳しく指導してくれた。

そんなある日、不審な連続事故が起こり遺族がもう一度調べなおしてほしいと所轄にやって来た。そこで、連続事故を調べなおしてみると、数々の共通点が発見され、さらに詳しい捜査が行われるとその事故は連続殺人事件の可能性が出てくる。

 

まとめ

上戸彩さんの代表作ともいえる絶対零度ですが、シーズン3では特別出演という形、重要な部分でキーパーソン的な役割で出演してくるようです。

前回のラストで「失踪」という形でいなくなってしまったのは事実です。

本当の理由については、月9が低迷していることや、子供さんがまだ小さくドラマ撮影となると昼夜も問わず時間拘束が長いことから断ったことも考えられます。

ただ、どんな形であれ、出演するとなれば「失踪」をした理由が必要となりますし、これから解決するべく事件に深くかかわってくることは間違いありません。

フジテレビにしても、「CHIEF~警視庁IR分析室~」「未解決の女 警視庁文書捜査官」で刑事ドラマでは定評のある沢村一樹さんを、元公安で謎の深い刑事にキャスティングして新しい刑事ドラマにリメイクしようとしていますので、かなり力の入ったものになることは間違いありません。

泉が失踪した理由は、過去の事件を追ったのか、それとも犯人とトラブルがあったのか・・・。

シーズン3ではその真相が明らかとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です