絶対零度3の第4話のあらすじとネタバレ感想!黒幕は東堂(伊藤淳史)なのか?

絶対零度の舞台である、未然犯罪捜査課(表向きは資料課)では、予想と反して事件を解決した後、本当の黒幕が何者かの手で命を落とすという展開になってきました。

2話と3話でラストが意外な展開になっていますが、そのそばには必ず井沢(沢村一樹)の存在があります。

絶対零度3の第4話のあらすじネタバレと感想、そして黒幕は東堂(伊藤淳史)なのか考察してみました。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”zettaireido3-cast”]

 

絶対零度3の第4話のあらすじ

井沢(沢村一樹)たちは、「ミハン」がリストアップした危険人物・佐伯卓郎(小野了)の捜査を始める。佐伯はわかば銀行勤続36年。妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、殺人とは無縁そうな真面目な男だ。

だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。また前夜は、仕事終わりに西麻布の会員制バーに立ち寄っていた。

小田切(本田翼)は、行員としてわかば銀行に潜入。そこに、客を装って田村(平田満)もやってくる。その際、意外な事実が判明した。なんと佐伯は、田村の小学校時代の同級生
だった。

そのとき、行内に銃声が鳴り響き、2人組の強盗が現れる。防犯カメラや通報ボタンの位置を熟知し、テキパキと金を詰め込んでいく強盗たち。
しかし、ほどなく警察が駆けつける。外の車で待機していた共犯者が逃走。強盗犯は、小田切らを人質に行内に立てこもる。

山内(横山裕)や南(柄本時生)が予期せぬ事態に緊迫する中、監視カメラで佐伯の動きを注視していた井沢は、彼が強盗犯とアイコンタクトをとっていたことに気づく。

「佐伯は強盗が入ることを知っていた――」 危険人物である佐伯が、もし強盗を手引きしているとしたら、彼はいったい何をしようとしているのか!?山内は、犯行グループの情報を捜査一課に渡すよう進言。しかし東堂(伊藤淳史)はそれを拒否し・・・。

出典:フジテレビ「絶対零度」

[clink url=”zettaireido-nuigurumi”]

 

前回、警察では「資料課」という名で本当の目的を隠している「未然犯罪捜査課」に集められた刑事たちは、過去になんらかの被害を被り、罪や悪を異常なほど嫌っているという側面がわかりました。

このメンバーを集めた東堂定春(伊藤淳史)もまた、25年前に練馬台で起きた「無差別殺傷事件」で関係している人間だと井沢から暴かれてしまったのです。

当初、井沢だけがなんらかの犯罪を犯し刑務所に入れられていたことが語られていましたが、ここにきて、それぞれの過去がわかることにより東堂が作った、「ミハン」は違う目的があるんじゃないかと思えてくるのです。

第2話の黒幕の「政治家」は、ラストに何者かにエレベーターの工事現場で落下事故を起こし、第3話のカフェ経営の男はおそらく額を撃ち抜かれ亡くなるという結果になっています。

その直前には必ず、井沢(沢村一樹)のカットが一瞬映り、直後に一番の悪者が亡くなるという場面が多いことから、今現在は、実際手を下しているのは井沢(?)っぽくなっています。

ただ、このドラマでは予想を覆す内容が多いことから、手を下したのが誰なのか気になるところ。

未然犯罪は、事件を予測し犯罪を防ぐことが目的だけども、実は裏では本当に悪いものを抹殺する目的があるのではないか・・・。

つまり、本当の黒幕は、そんなことをしそうなメンバーばかりを集めた東堂であり、さらに、東堂自身も裏があるので、自分の手でもやっているのではないかと想像します。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”zettaireid-saihousou”]

 

絶対零度3の第4話のネタバレ感想!

今回、ラストに犯人が亡くなることなく終わりました。ただ、ミハンは犯罪者となる人以外にも一般市民のデータも取り込んだ大きなシステムだということや、実は犯罪の予備軍として井沢範人もピックアップされているということがラストにわかりました。

前回、井沢の妻と娘が犯罪者に襲われて亡くなったあと、犯人を追い詰め今にも撃ちそうになっているところを仲間が後ろから撃つという部分まで明らかになっています。

井沢はどう見ても目が正気ではなかったので、そのまま捕まっていた井沢を、世間に野放しにした東堂の計算とはなんなのでしょう。

このドラマは、ただの刑事ドラマではなく主人公自身もワケアリで、犯罪を解決するとともに、どう変わっていくのか気になります。

絶対零度3のネタバレ

第4話では、銀行強盗を手引きした銀行員の話でした。

今回、AIシステムが危険人物だとピックアップしたのは、銀行員の佐伯卓郎(小野了)。

およそ20年前に、妻に先立たれてから職場と家の往復で、趣味らしきものもないなんの特徴もない男。小田切が銀行員として潜入をするも特段おかしな様子もありません。

ただ、そんな佐伯が会員制のバーに何度も足を運んでいました。

そのバーには、胡散臭い男たちがたむろする場所で、佐伯には無縁に見えるところ・・・。

銀行には、中国人の客を装い田村も潜入しようと佐伯に接触すると、対応した佐伯が懐かしそうに声をかけてきました。

小学校のころの同級生だったのです。

話をしている最中に、田村が腹痛でそのままトイレに駆け込んだ後、目だし帽をかぶった銀行強盗が入ってきました。

犯人は、佐伯に金庫を開けろと言い、鍵を操作するとブザーが鳴り警察への通報が行われます。

銀行内の様子を映していた隠しカメラを見ていると井沢が佐伯と犯人が目くばせをしていることに気づきました。

犯人の腕のタトゥーから、佐伯が行ったバーの常連のひとりだと判明。

警察に取り囲まれ、犯人は行員と客を真ん中に座らせ、人質にします。

要求は、金庫の鍵の開錠。

犯人のうち、立石という男が、佐伯を連れて控室に入ってきました。そこには、田村がいましたが直前にロッカーに入り隠れていました。

立石は佐伯に、なぜ警察を呼んだんだと詰め寄ります。

佐伯は、なぜここにあの娘を呼んだんだと逆に問い詰めました。

山内は、佐伯のおいのフリをして、大家に頼み家に侵入することに成功。部屋の中を調べてみると、立石に金を借りた借用書と、外国の絵葉書が見つかります。

立石は、その場を立ち去った後、佐伯がロッカーを開けるとそこには田村・・・。

田村と佐伯は、昔話に花を咲かせますが、昔は、3人でよく遊んだ・・・と田村がもう一人岡本の名前を出すと佐伯の顔が曇ります。

岡本修二・・・

10年くらい前「俺が殺した」と告白しました。

田村は、その場で佐伯にゴミ箱で殴られて失神・・・。

隠しカメラでは、人質の顔認証が行われていました。

ピックアップされたのは岡本由梨という女性。両親が3歳のころ離婚をし父に育てられた・・・。父親の名前は岡本修二、ねじ工場が倒産し、9年前に自殺をしてしまっていました。

母は大分で暮らしているも、再婚し子供もいるために資金援助だけしている。

そして、今回の犯人の立石もかつては岡本のねじ工場に勤めていました。

由梨も佐伯の顔はよく知っていて、9年前に、父への融資を打ち切ったために父が亡くなったと小田切に語りました。

山内は、岡本のことをよく知る女性に話を聞きに行くと、9年前に、大島という男が金庫の金を盗んだまま失踪したことを語ります

由梨は、立石に父の亡くなった本当の理由を聞くと、佐伯に聞けと言いました。

佐伯は何も答えません。

金庫の鍵を開け、金庫には立石と佐伯が二人で入って行きました。

井沢は隠しカメラですべて見ていると、佐伯の本当の目的がわかり慌てて銀行に走ります。

佐伯は、立石を金庫の中におびきよせ、正当防衛として殺すつもりだったのです。

大金に目がくらんでいる立石の銃を奪い、佐伯は撃とうとしますが、立石の仲間に扮装した井沢に阻止されてしまい、さらに立石にボディーブローをお見舞いし、気絶させました。

井沢は、由梨がいることを承知で、佐伯に父親のことを語らせたのです。

佐伯は、妻に先立たれてから岡本とその娘とは家族のような付き合いでした。しかし、ある時、岡本のねじ工場内で従業員の大島が金庫の金に手を付けていることを発見し、岡本ともみ合った後に機材で頭をうち亡くなってしまいました。

佐伯が呼び出され、遺体を人目につかないように埋めたのです。

しかし、岡本はそのことに耐え切れず自殺をしてしまいました。残された娘を殺人犯にしたくないと、佐伯がねじ工場の融資を断ち切ったと噂を流し、自分が悪者になったのです。

佐伯は、その後、母親のフリをして絵葉書を由梨に送り続け、そっと見守っていたのです。

やっと由梨も良い人を見つけ結婚するということになった矢先に、佐伯の目の前に現れたのが立石でした。過去の大島の事件を嗅ぎ付け、佐伯をゆすったのです。

そして、佐伯は立石を殺そうと計画したのでした。

由梨はその話を陰で聞いていました。

直後に銀行にSITが突入し、山内がそのひとりになりすましてミハンのメンバーたちを外に誘導し犯人も逮捕されました。

 

<

まとめ

犯罪を憎み、本当の悪いヤツを非合法で裁く・・・。まるで、平成最後の必殺仕事人のようですが、まだ、桜木刑事の事件とのつながりが残っています。

桜木は生前、井沢とその家族を襲った犯人の名前も知っていますし、なんらかの情報を持っていそうでした。

そして、東堂も過去の事件により、悪を人一倍憎んでいるということが明らかになりましたので、ミハンは法で裁けない悪いヤツを抹殺するために結成された組織ではないかと思えます。

しかし・・・個人的なイメージを言うと、東堂が伊藤淳史くんってちょっとイメージが違うな・・・と。

古いですが、チビノリダーのイメージがあるのと雰囲気がかわいく良い人オーラがあるので、違和感を感じます。

ただ、ストーリー展開を考えたら意外性を最大限に利用しているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です