絶対零度3の第6話ネタバレと感想!南専用(柄本時生)のぬいぐるみの青色も気になる!

「未然犯罪捜査班」それが、警視庁資料課分室の裏の顔。さまざまな、防犯カメラやネット上の動きから判断し、これから犯罪を犯しそうな人をピックアップして潜入捜査をする・・・そんな部署。

表には出ることなくミゼンに犯罪を防ぐという役目がありますが、もどかしいのが、本当は相当なワルなのに法で裁けない奴ら。

モヤモヤした視聴者の気持ちをスカーっとさせてくれていたのが、「謎の仕事人」

なぜか、ラストに悪者が制裁されるので、必殺仕事人のような話となっていました。

第6話では、その制裁を加えていたのが誰だかわかるようです。

 

スポンサーリンク

 

絶対零度シーズン3の第6話あらすじ

井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームが捜査した事件の関係者に不審な出来事が続いていたことが発覚する。

猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落して死亡(第2話)。強姦を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は行方不明になり、失踪届が出されている(第3話)。

そして、法の目をかいくぐって何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)は射殺体で見つかったのだ(第5話)。

第5話の犯人が殺されたラストシーンの後ろ姿はどう見ても、井沢範人(沢村一樹)でしたよね・・・。

「あんたが殺しに来るのはわかっていた!」みたいに叫んでいたから、5話の川上が見たことのある人で男だということだけは映像からわかりました。

・井沢に変装した男
・井沢本人
・過去に因縁のあった別人

5話まで観てきて、どう見ても井沢に誘導したい雰囲気がプンプンするので、意外にも違う人なのかなとも思えます。

3人は、いずれも法でさばけなかった犯罪者――。犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は、「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という3つの可能性に言及する。

こういった分析をしている東堂ですら、1993年のサイコパスによる殺人事件で父を亡くし、自分も首に大きな傷を負っています。心にもきっと大きな傷があることが間違いないと思わせたのは、第5話の川上に対しての憎悪。

いつも冷静な東堂が、珍しく川上に怒ってクビを締め上げていましたので、東堂の可能性も十分にありますよ。

真相を解明するため、井沢は、山内(横山裕)とともに小松原が死んだホテルへ。小田切(本田翼)と田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向かった。

ほどなく、井沢たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審な車両にたどり着く。だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。

これも井沢が犯人っぽい作りだったんですよね・・・。

ドラマの方向性として、井沢がやったっぽい雰囲気を出していますが、これまで観ていると、えっ!こんな人が?みたいな真犯人が出てくるので、今度は井沢なのかとちょっと勘ぐってしまいます。

すべて伏線は井沢に向いていますので・・・。

一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。

そして、できあがった犯人の似顔絵は、あるミハンメンバーの顔で――。ここ

ここで、井沢と見せかけて、田村とか南って可能性がある気もします。

田村って、「すみません」が口癖の気の弱い人なんですが、やることは大胆だしたらい回しにされたと言いますが、結構デキる男なんですよね。

あと、資料課でずっと働いている南だったら、意外性は最高。

しかし・・・残された可能性として、桜木も絡んでくるんでしょうか・・・。

桜木の失踪と死亡通知は、まだ伏線として残っているので。

ミハンは一連の犯行を予測していない。ミハンを知り尽くし、犯罪者を誰よりも憎み、事件の再発を防ぎたいと強く願う犯人の正体とは?

法で裁けない犯罪者を制裁していた人物が、ついに明らかになる!!

 

スポンサーリンク

 

南(柄本時生)の青いぬいぐるみが気になる!

このドラマでは、ずっとこのぬいぐるみが出演しています。

赤は本田翼が演じる小田切が愛用しているもの。そして、その後出てきたのが青色で「南専用」としている人形。


出典:MOGU

これは、MOGUというビーズクッションのブランドから過去に限定で売り出されていた「ミニピープル~ロングアーム~」というクッション。

定価(税込み)540円という値段で売り出されていたものです。

今は、残念ながら商品としては売り出されていませんので、新品で購入するのは難しそうです。

ただ、メルカリやヤフオクでは出ているようですが、元値より高くなっているので、また話題となり新しく生産されるのを待った方がいいかもしれませんね。

絶対零度シーズン3の第6話感想

6話のラストは切なかったですね・・・。ミハンのメンバーを集めるのに東堂が求めたのは、犯罪に遭遇していて悪を憎む者。それが裏目にでてしまったということになります。

必殺仕事人のように、ラストに法で裁けない人間たちを殺していたのは、田村(平田満)でした。彼もまた、東堂とともに25年前の殺害現場にいて、婚約者を亡くしていたのです。

しかも、若かりし田村が、動物殺傷のサインを知っていて見落としたんだと大勢の遺族から攻め立てられていました。

いや・・・遺族は、犯人の家に行けばいいのに・・・と思いましたが、ま・・・そこはドラマですから。

ラストに、田村が自分の頭を撃ち抜くんですが、南(柄本時生)や泣きじゃくる小田切(本田翼)の演技にホロリときてしまいました。

最初にもありましたが、南や小田切はすごく正直で、(犯罪はいけないことだけど)真に悪い人間がいなくなって心の中ではホッとしていると言ったのです。

ミハンのメンバーはそれぞれ、悪を追い詰める立場ではありますが、「犯罪被害者」でもあるので起こっても不思議ではない犯罪だったのですね。

それにしても、田村役の平田さんは、表情があまり変わりませんでしたが、やっぱり演技が上手いですね。

すごく古いお話しですが、「鎌田行進曲」でアカデミー賞主演男優賞を獲っただけあるなと思いました。

 

絶対零度シーズン3の第6話のネタバレ

サイコパスのジャーナリスト川上が殺されたことで、警察の捜査一課が動くことになりました。東堂は、ミハンが取り扱った事件で法で裁けない人間ばかりが亡くなっていることで3つの可能性を語ります。

ミハンから情報が洩れている
ミハンに内通者がいる
ミハンのメンバーの誰かが犯人

そこで、聞き込みを開始すると、政治家の事故と、サークルのカフェ店長の失踪事件の時に不審な車がいたことがわかります。防犯カメラを確認すると、小さな車でナンバーがわからない。

そこで、最新の解析にかけナンバーを割り出し、持ち主を確認すると捜査にも全く上がっていない人間の名前が・・・。

住所をたよっていくと、そこは草むらでした。

戸籍をみると、どうやら転入と転出を繰り返して操作しているらしい。

路地で殺害された川上の事件の直後に、近くを通った人間が見つかり、ある人物と出くわしたことを証言し、似顔絵を作成するとその顔は井沢範人のものでした。

捜査一課は、井沢を拘束し事情を聴くも黙秘を貫き、東堂に面会したいと言う。

東堂が5分だけ時間をもらい、面会すると井沢は自分ではないと語り、東堂にも動機があるだろうと語ります。

ある、事務所にフードをかぶった人間がパソコンを立ち上げにきていました。そこには井沢の姿・・・。

フードの男は田村で、過去に戸籍の操作で逮捕した男の事務所を引き継いでいたのです。

そして、車の名義の証拠を消そうとしに来ていたのでした。

東堂は、25年前の殺傷事件について語りだしました。当時、犯人が傷つけたのは東堂親子だけではなく、田村の婚約者も襲っていたのです。

田村は、当時、動物殺傷事件で犯人をマークするように上司に言っていましたが相手にされずそのままにしていました。

現場に婚約者を見つけ助けようとした直前に犯人に刺されてしまいます。

犯人を取り押さえたのは、田村でしたが、遺族たちは怒りの矛先を危ない人間をキチンとマークしきれなかった田村に向けたのです。

田村が、突然いなくなり、ミハンメンバーが探すことに・・・。東堂は、おそらく婚約者が襲われた場所に行くと考えメンバーが集まると、そこには田村がいました。

そして、ミハンを残すために自分だけが勝手にやった行動にしてほしいと言い残し、自分の頭を撃ち抜いたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です